小規模多機能型居宅介護施設 とは

平成18年度介護保険制度改正により、できる限り住み慣れた地域での生活が継続できるように、新たなサービス体系として地域密着型サービスが創設されました。

その中の小規模多機能型居宅介護は、「通い(デイサービス)」を中心として、ご利用される方の様態や希望に応じて、「訪問(訪問介護)」や「泊まり(ショートステイ)」を組み合わせてサービスを提供することで、中重度となっても在宅での生活が継続できるように支援するものです。

このサービスが創設される前では、「通い」、「訪問」と「泊まり」等の介護サービスをそれぞれ別の施設で受けることにより、それぞれの場面で利用者に対応するスタッフが異なる為に馴染みの関係やケアの連続性が保たれない等の問題がありました。