日本初、『液状化対策の比較実験見学会』を行います。

比較実験施工見学会のご案内

ジオダブルサンド研究会中部地区事務局は、10月3日(月曜日)、耐震・液状化対策の新技術である「ジオダブルサンド工法」を用いた施工見学会を、株式会社中建設の駐車場(豊橋市神野新田町字ワノ割89番地)で開催します。

※ 画像をクリックすると大きく見れます。

ジオダブルサンド工法は、2014年12月に国土交通省新技術情報システム(NETIS)に登録され、2015年10月2日には特許も取得しました。
あわせて、日本大学(工学部土木工学科地盤防災工学研究室)監修による震度6強・マグニチュード9の砂層(東日本大震災の浦安市)を想定した遠心載荷試験結果では、最後までアスファルトが破断しないという強度が立証されました。