タグ別アーカイブ: SA工法

折板屋根雨樋工事の革命“SA工法”

雨樋補強金具を取り付けるだけで
●折板に雨水の穴あけ不要
●雪、強風に対する強度が大幅に向上
●施工工期の短縮が可能
●建築基準法で定められた46m/sの
国内基準風速の最大値に対応できる

など、たくさんのメリットが生まれます


屋根材に吊り金具を施工しても、板厚が薄いので風で動きます。
しかしsa金具(3.2mm)を屋根材と共に確実に緊結することで吊り金具の風による振れがなくなります。

全ての折板メーカー、雨樋メーカーに対応可能!!

【SA工法】の主な特徴

  • 風に対する抵抗力が大幅に向上。
  • 雨樋と吊り金具のがたつきを防ぐ。
  • 施工時間の短縮が可能。
  • 経済的な補強工法。
  • リフォームに最適。
  • すっきりした納まり・美しい外観。


(多雪地域タイプ)

  • 折板の穴あけ作業による、断面性能(剛性)欠損がない。
  • 穴あけ作業による傷・錆の発生が無い。
  • 従来の難メンテナンス性を一掃できる。(屋根上から清掃が可能です。)
  • 職人さんの作業の安全性が格段に増す。


◆積雪地域用 平行樋タイプ
◆強風地域・全国用 前高樋タイプがあります。