タグ別アーカイブ: サクラマス

山形県の魚「サクラマス」の美味しい時期が始まります

桜マス
桜の咲く時期に獲れるマスをこう呼びます。
川でふ化した1年過ごしたヤマメが海に降り、1年たった後川へ戻ります。鶴岡では、まだ海にいる間に捕獲しますが、酒田方面では川で獲れたマスも人気のようです。川に戻ってしばらく暮らしたメスのマスには「マス子」が入っていて、しょうゆ漬けなどにして食べられています。

サクラマス
青森県産桜マス

さて、桜マスは、サケ・マスの仲間ですが、その中で最も値段の高い高級魚となっています。全国的には桜マスをあまり食べない地域もあるのですが、庄内浜で水揚げされたものは、大変美味しく高い評価を得ています。
春先になると最初は北海道、次に青森、秋田のものが入ってきます。マスは非常に劣化が早いので、やはり地元で獲れる桜マスは鮮度が最もよく、味も最高です。

北海道産サクラマス
秋田県産桜マス

当社では、「旬の魚のみそ粕漬け」として、桜マスも生の魚を漬け込み、限定品として地元スーパーにお出ししています。毎年大変好評をいただいております当社のオリジナル品です。

山形県の魚は【桜マス】
 ご存知でしたか?山形県の魚は「桜マス」です。山形では他県よりマスが多く食べられています。
>>> 山形県のホームページ

 

定番は、「あんかけ」。
さて、庄内では、桜マスの時期はお祭りごとが多く(酒田祭り、天神祭りなど)高級魚の桜マスはご馳走として必ず出されます。

定番は、「あんかけ」。蒸したマスに、ゆで卵、ニラ、そうめん(地区によってうどん)等を添え、しょうゆ味の甘い餡をかけていただきます。マスは、蒸す前に骨を全て取り除きますのでなかなか手間のかかる料理ですが、お膳に華を添える特別な郷土料理として親しまれています。

庄内浜文化伝道師 五十嵐氏
株式会社手塚商店 加工部長
庄内浜文化伝道師
五十嵐 秀昭 氏

地物の桜マスの時期は、もうすぐです。
「あんかけ」もいいですが、シンプルな醤油がけもお勧めです。焼いたマスにただ醤油をかけるだけですが、醤油に浮かぶマスの脂でマスの脂のりの良さが分かり、食欲をそそられます。ご飯のお供にも、お酒のおつまみにも絶品ですので、ぜひ海や川で獲れる地物の桜マスを味わってみてください。