ゼロ・エミッションとは?


ゼロ・エミッションは、ものの生産など産業から排出されるすべての廃棄物や副産物を、ほかの産業の資源として活用し、全体として廃棄物を出さない生産のあり方を目指す構想です。廃棄物を減らすことは、資源の有効活用の面から、また、最終処分場の不足の面から、社会の重要な課題になっています。環境管理の国際規格ISO14001の普及に伴い、事業所や工場で「ゼロ・エミッション」に取り組む企業が増えています。この場合のゼロ・エミッションは、「廃棄物を徹底分別しリサイクルを促進することで、焼却や単純埋立てによって処分する産業廃棄物をなくす」という取り組みです。

 

一般的には「ゼロ・エミッション=廃棄物ゼロ」と思われがちですが、もともとは1994年に国連大学が提案した構想で、食物連鎖など自然界の法則をお手本に、産業から排出されるすべての廃棄物や副産物をほかの産業の資源として活用し、全体として廃棄物を生み出さない生産を目指す資源循環型社会を構築するためのコンセプトであり、社会システムや経済システムも含め、産業における製造工程の再構築を目指すプログラムです。具体的には、たとえばA社の副生産物をB社の原材料に転換し、B社の廃棄物をC社の再生資源に転換するというように、1社だけではなく、複数の企業が連携して産業連関をつくりだしていくというような、実現には、工業団地などの産業集団や、広域の行政区域が一体となって取り組むことが必要になります。