鶴岡市の建物・家屋解体工事の業者依頼はディスポテック㈱

弊社は、山形県鶴岡市に事務所を置き、「建物解体工事」をメイン事業とするプロフェッショナル企業です。

建物の解体は、公共施設や住宅など大小様々な工事の実績がございます。

弊社では建物解体だけにとどまらず、SDGsの実践として産業廃棄物処分許可を取得し、中間処理事業を行っています。

さらに、建物解体時のがれき類は、RCコンクリート(再生コンクリート)に生まれ変わり、新たな再生製品として販売しております。

地球 エコ 優しい

「資源を無駄にすることなく、地球に優しい事業」を展開していることが弊社の強みとなっています。

 

解体工事の営業・工事エリア

ディスポテック 営業 工事 エリア

建物解体の営業・工事エリアは、山形県庄内地方(鶴岡市、酒田市、遊佐町、庄内町、三川町)となっております。

 

事業内容

弊社の事業内容は下記のとおりです。

解体工事

建物 解体 重機 公共施設

重機により、規模の大きい公共施設の解体を数多く手掛けております。

 

建物 解体 重機 住宅

住宅建物の解体についても、数多くの工事実績があります。

(※上記写真はサンプルイメージとなります)

 

産業廃棄物収集運搬

産業廃棄物 運搬

排出事業者や解体工事現場より排出される産業廃棄物を、より安全に運搬しています。

 

産業廃棄物処理

受け入れした産業廃棄物を中間処理し、適正に処理を行っています。

※弊社は、産業廃棄物の受け入れを行っておりますが、一般的廃棄物(家庭用のごみなど)のお取り扱いは行っておりません。

 

再生骨材(RCコンクリート)製造

RCコンクリート リサイクルコンクリート

コンクリートの建物解体時に発生する「ガレキ類(コンクリート)」を再生し、RCコンクリート(リサイクルコンクリート)としています。

規格は、RC-40となります。

RCコンクリート RC-40

弊社のRCコンクリートは、主に公共工事の道路の路盤材として使用され、新たな役割を担っています。

RCコンクリート 再生 ガレキ

RCコンクリートは、地球に配慮し、環境に優しい建築材料として今も活躍しています。

会社概要

ディスポテック 本社 オフィス

(本社オフィス)

本社オフィスでは、営業チーム、総務企画チームが在籍しています。

毎日の清掃に加え、週1回の強化清掃や、月1回の大掃除など、オフィスを美しく保つ仕組みが構築されています。

お客様との打ち合わせもこちらで行います。

 

保管庫 中間処理場 積替保管施設

(中間処理場)

 

厚生棟 ディスポテック

(厚生棟【会議室、休憩室 他】)

 

ディスポテック ロゴ

社 名:ディスポテック株式会社

代表者:代表取締役 武田一則

本社住所:〒999-7672 山形県鶴岡市柳久瀬武良免1番10

電話番号:ディスポテック TEL 電話番号

FAX番号:ディスポテック FAX番号

E-mail: ディスポテック メール 

設立:2001年(平成13年)8月

資本金:9,000万円

公式WEBサイト:https://dispotec.co.jp/

公式ブログ「ディスポブログ」:http://www.e-yamagata.com/eyamab/0235640187/

関連(グループ)企業:

所属団体:

ISO9001:2015取得:

ISO9001 ディスポテック

SDGsの取り組みについて

ディスポテック㈱のSDGs 5つの取り組み

環境への配慮の取り組みについて

道路清掃と草刈で美しい環境作りを

社員研修・講習・勉強会の取り組みについて

「産業廃棄物の適正処理について」ディスポテック社内勉強会の開催(2023.5.2)

沿革

  • 2001年(平成13年)8月 ディスポテック㈱を鶴岡市藤沢に資本金2,000万円にて設立
  • 2001年(平成13年)10月 山形県産業廃棄物収集運搬業許可取得
  • 2004年(平成16年)11月 山形県知事許可 一般建設業取得(土木工事業、とび・土木工事業、舗装工事業)
  • 2004年(平成16年)7月 山形県産業廃棄物処分業許可取得(中間処理:がれき類)
  • 2006年(平成18年)2月 山形県特別管理産廃棄物収集運搬業許可取得
  • 2008年(平成20年)12月 資本金9,000万円に増資
  • 2009年(平成21年)6月 現在地(鶴岡市柳久瀬)へ移転
  • 2010年(平成22年)2月 山形県産業廃棄物処分業許可取得(中間処理:廃プラスチック類、木くず、紙くず、ガラスくず等)
  • 2012年(平成24年)3月 宮城県産業廃棄物収集運搬業許可取得、宮城県特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得
  • 2013年(平成25年)7月 ISO9001:2008認証取得
  • 2018年(平成30年)5月 隣説地取得にて、厚生棟を新設
  • 2019年(平成31年)3月 大型解体仕様機(超ロングアーム機)導入

 

経営基本方針

1 安全第一を徹底し、優れた品質、サービスを提供し続けます

2 安定経営に向けて、利益を確保し続けます

3 環境への配慮を常に心がけます

 

行動理念

1 「仕事は楽しく」「職場は楽しく」けじめを持ちます

2 社会人として良識のある行動を心がけます

3 仲間を思いやり、チームワークを大切にします

4 無駄を削り、効率を高めます

5 4S(整理・整頓・清掃・清潔)を徹底します

6 納期(工期)と約束を守ります

 

建物解体工事に関する弊社へのご依頼・お見積りについて

弊社へのお見積りやご依頼につきましては、下記へお願い申し上げます。

    • 電話番号:ディスポテック TEL 電話番号
    • FAX番号:ディスポテック FAX番号
  • E-mail : ディスポテック メール 

電話受付時間 : 8:00〜17:00(日祝日、第2・4土曜日、GW等の長期連休を除く)

または、下記ページのメールフォームまでお問合せいただけますようよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ | ディスポテック株式会社 (dispotec.co.jp)

以上まで、お問い合わせいただけますようよろしくお願い申し上げます。

「産業廃棄物の適正処理について」ディスポテック社内勉強会の開催

ディスポテック 勉強会 

こんにちは!

いつも、ディスポテック㈱の「ディスポブログ」をご覧いただき、ありがとうございます。

令和5年5月2日(月)社内勉強会(16:00~17:00)を開催いたしました!

内容は「産業廃棄物の適正処理について」、「解体・改修(リフォーム)に係る環境法令について」です。

こちらの内容は、山形県産業資源循環協会庄内支部主催の令和5年2月1日にいろり火の里「文化館なの花ホール」で研修を受講した社員が、全社員のレベルアップや知識の底上げを目的に、講師役となっています。

具体的な内容としては、

〇 産業廃棄物の適正処理について

  • 廃棄物の処理法について
  • 廃棄物とは(廃棄物の定義、廃棄物の種類、特別管理廃近物)
  • 排出事業者の責務(保管基準、処理基準、委託基準、産業廃棄物)
  • トピックス(石綿、水銀、建築物解体時の残置物の取り扱い、PCB廃棄物、プラ新法、瓦リサイクル)

〇 解体・改修(リフォーム)に係る環境法令について

  1. 解体・改修(リフォーム)工事について
  2. 大気汚染防止法・石綿に係る基礎知識
  3. 解体・改修工事に係る環境法令(石綿に関する法規制について)
  4. 立入検査の事例紹介
  5. 解体・改修工事に係る環境法令(フロン排出抑制法について)

 

以上について、みっちりと研修を受けております!

今後も、弊社では積極的に学習の機会を通じ、社員の知識習得や技術力の向上に努めていきたいと思います!

 

建物解体工事に関する弊社へのご依頼・お見積りについて

 

弊社では、建物の解体工事から建築廃材や産業廃棄物の収集運搬を行い、中間処理を通じたリサイクル事業を行っております。

また、SDGsの実践を通じて環境負荷を低減し、資源や環境を守り、地域社会に貢献して参ります。

建物解体のご依頼やお見積りにつきましては、下記へお願い申し上げます。

  • 電話番号:ディスポテック TEL 電話番号
  • FAX番号:ディスポテック FAX番号
  • E-mail : ディスポテック メール 

電話受付時間 : 8:00〜17:00(日祝日、第2・4土曜日、GW等の長期連休を除く)

または、下記ページのメールフォームまでお問合せいただけますようよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ | ディスポテック株式会社 (dispotec.co.jp)

以上まで、お問い合わせいただけますようよろしくお願い申し上げます。

 

ディスポテック ロゴ

〒999-7672

山形県鶴岡市柳久瀬字良免1番10

「廃棄物・解体工事のプロフェッショナル」

ディスポテック株式会社

>> ディスポテック公式WEBサイト

>> ディスポテック公式ブログ「ディスポブログ」