「産業廃棄物とは」カテゴリーアーカイブ

産業廃棄物のはなし

産業廃棄物とは。


廃棄物は一般廃棄物(家庭ごみ)と産業廃棄物(事業所から出るごみ)にわかれます。


一般廃棄物は市町村に処理の責任があります。


産業廃棄物は排出事業者(施主)に責任があります。


解体工事をした場合、施主の責任で処理することになります。

解体工事で建物を解体すると全ての廃材が産業廃棄物になります。


は産業廃棄物しか受付できません。一般廃棄物は市町村へお問い合わせ下さい。







排出事業者の責任


産業廃棄物を排出する事業者の責任としては、主に4つの責務があります。


1. 適正処理・自己処理の責任

排出事業者は、その事業活動によって生じた廃棄物を自らの責任において適切に

処理しなければなりません。

2. 廃棄物の資源化、再利用・減量化の努力

排出事業者は、その事業活動によって生じた廃棄物の資源化、再利用、減量に

努めなくてはなりません。

3. 処理困難物の発生防止

排出事業者(製造業者)は、製品や容器等が廃棄物になった場合に、処理が困難に

ならないようにしなければなりません。

4. 国・地方公共団体の施策への協力

事業者は、廃棄物の減量や適正な処理の確保に関し、国と地方公共団体の施策に

協力しなければなりません。



産業廃棄物の種類


燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、

動植物性残渣、 動物系固形不要物、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず・

陶磁器くず、 鉱さい、がれき類、 動物のふん尿、動物の死体、ばいじん、

令13号、石綿含有産業廃棄物、

自動車等破砕物、輸入廃棄物



特別管理産業廃棄物


廃油 (揮発油類、軽油類及び灯油類に該当するもの)

廃酸 (水素イオン濃度指2.0以下のもの)

廃アルカリ (水素イオン濃度指数12.5以上のもの)

感染性廃棄物

(廃PCB等)

(PCB汚染物)

(PCB処理物)

(廃石綿等)