人形屋さんのひとり言(2019年12月)

雛2017-4 今年は代替りに伴う式典があり、「十二単」「黄呂染御袍」といった言葉が多く聞かれました。ちょっと前までは説明が必要な言葉でしたが、今はほとんどの方がイメージする事が出来る様です。
 真っ白なご衣裳はこうごうしく、色のあるご衣裳も日本古来の文様に色合わせと、すばらしいものでした。それでいて、きれいなものでした。
 今年のお雛様達も縮図のようで、白地の帯地、刺しゅう、吉祥文様と、多種多彩です。
 コンパクト化が聞かれ10年以上になるでしょうか。
 平飾りが多くなり、「場所のとらないもの」「簡単なもの」という声はありますが、あまり小さ過ぎてバランスが悪かったり、何かピンとこなかったりとむずかしい所です。娘さんがいるからこそ悩めることですし、幸せですし、ご縁です。
 年一回です。ぜひ家族皆さんで思い出作りをしませんか。そのご縁を大切に、ぜひ楽しんで選んで頂きたいものです。
 干支のネズミさん、お正月物、クリスマスなどの細工物も飾っております。ぜひ皆様でご来店ください。お待ちしております。

PS:キャッシュレスポイント5%還元対象店です。
(クレジットカード 一括のみ)