タグ別アーカイブ: 辻蕎麦便り

2018年3月~4月 辻蕎麦便り

弥生。

北国山形にもようやく春の足音が聞こえてまいりました。
今年の冬は近年になく厳しく長かったように感じます。

気象庁のデータベースに「積雪の深さ一覧表」という項目があります。
都道府県の主な観測地点の積雪量が分かるようになっており、1時間ごとに更新されます。
山形県内の観測地点は14。
首都圏などの方は驚かれるかもしれませんが、3月25日現在でまだ8地点で積雪を観測しているのです。
わが国有数の豪雪地帯で知られる大蔵村肘折の255㌢、西川町大井沢の177㌢はともかく、米沢市でも13㌢、尾花沢市70㌢などとなっています。
山形市や天童市などは10日ころには消えていましたが。
今シーズンは降った雪も多かったのですが、気温がいつもより低かったのが積雪量の多さにつながったような気がします。
降り積もっては消え、降り積もっては消えすれば積雪量はさほどでありません。
しかし気温が低く、降った雪が融けなければ、そのまま積み増していくだけです。
この気温の低さはやはり異常気象のなせる技でしょうか。

3月は別れと旅立ちの時といわれます。
これは人に限った話ではありません。
山形県は最上川を中心に1万羽をゆうに超える全国トップクラスの白鳥の飛来地。
白鳥たちは雪解けと歩調を合わせるように北帰行への準備を始めます。
張りつめた白一色の世界が緩みだし、田んぼの稲の切株などが顔をのぞかせると、白鳥たちは最上川などのベースキャンプからせっせと通い始めます。
長旅には当然のことながら膨大なエネルギーが必要。
収穫時にこぼれ落ちた稲穂などを懸命に啄みながら蓄えるのです。
こうした光景は人里離れた田園地帯だけで繰り広げられるわけではありません。
山形や天童など市街地近郊の田んぼでも車窓から間近に目にすることができます。
ただ雪が多いと、「白」と「白」ですから、目を凝らさないと見つけるのは大変ですが。

以前、白鳥の生態に詳しい野鳥愛好家にいろいろ説明してもらったことがあります。
その中で、今も鮮明に記憶しているのが求愛行動。
自分の伴侶を求めて動き回り、2羽の気持ちがぴったり合った時にとるポーズがあります。
互いの首と胴をぴったりつけるのです。
そうするとそこにはハートの形が。
もっとも実際現地で観察すると、白鳥たちは動いているのでなかなかきちんとしたものを見るのは容易でありません。
しかし写真に撮れば本当に見事なハートに。
つがいの愛の深さがしっかり感じ取れ、織り成す自然の造形美に感動しきりです。

白鳥

2018年2月~3月 辻蕎麦便り

如月。

やたら政治色が濃く、スポーツ大会としてはいかがなものかと首をかしげていた平昌五輪。
終わってみれば、そんな懸念を吹き飛ばすほど盛り上がりをみせた大会でした。
日本勢は冬季五輪史上最多の13個のメダルを獲得。
それだけでも大いに沸いたのですが、トップアスリートたちの素晴らしい人間性を垣間見、感動するシーンが多かったのではないでしょうか。
互いが研鑽してきた技量を精一杯発揮するとともに、ライバルにも同じような環境でプレーできるようにしてあげる。
これまでの大会でもあったのでしょうが、今回は特に強く感じられたような気がします。
スピードスケート500㍍で五輪新を記録した小平奈緒選手。
自分の滑走後に人差し指を口元に当て、場内いっぱいに湧きおこる歓声を次の選手たちのために静めてほしいと訴える。
スキー複合であえて風よけになるために先頭に立った渡部暁斗選手など。
凡人は、相手のミスを願ってでも勝ちたいと思いがちですが、恥ずかしい限りなんですね。
いかに公平な状況で各々が最大限の力を発揮するか。
勝ち負けはその結果に過ぎない、というトップアスリートの精神には感動させられました。

 五輪閉幕とともに、雪国山形でも春の兆しを感じられるようになってきました。
そうはいっても、周囲を見渡せば依然として白一色の世界ではあります。
今冬は福井、石川など北陸の降雪量がニュースになりましたが、気象庁のデータなどを見ていると本当に多かったのは新潟県北部から山形県にかけてだったようです。

 山形県大蔵村肘折温泉。
青森県青森市の酸ヶ湯と並ぶ豪雪地帯です。
ここで今月13日の積雪が4㍍45㌢に達し、過去最高だった4㍍15㌢を大幅に上回りました。
肘折温泉には20軒ほどの旅館がありますが、そのうちの17軒で最大積雪量の記録が更新されたら翌日の宿泊費は無料にするイベントを企画していました。
それが現実になったのです。
4㍍を超える雪をものともせずに、お客さんたちが県外からも詰めかけたそうです。

 雪国に住んでいるわれわれも4㍍を超す雪というのはあまりピンときません。
数年前、積雪3㍍くらいの時に肘折温泉に“雪見”に行ったことがあります。
豪雪地帯というのは意外なほど道路がきれいに除雪されているものです。
その時もアスファルトが見えるような状態になっていました。
もっとも道路の両側はものすごい高さの雪の壁です。
壁の中間くらいの高さにカーブミラーがささやかに顔を出していたりするのです。
空も道路の幅分しか見えません。
なかなか想像できないかもしれませんが、どんな状態か思いを巡らせてください。

 今月も残りわずか。
太陽の光がぐっと強まってきたように感じられます。
あと2週間もすれば、地面から白い色が急速に消え、ぽつぽつと緑色が目に入ってくるはずです。
厳しい寒さと豪雪から解放される季節の到来に心を弾ませながら、美味しいお蕎麦をお届けするために精一杯頑張ります。