【工作機械受注 8%増】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【工作機械受注 8%増】
日本工作機械工業会が発表した
11月の工作機械受注実績(速報値)は
前年同月比8%増の882億2200万円で
26ヵ月ぶりに増加に転じました。
この額は2020年では最高額です。

中国を中心に外需が大きく伸び
内需の低迷を補っている形になります。

■内需は同15、2%減の
 265億9100万円で24ヵ月連続の前年割れ。
 (国内の受注環境は依然として低水準の状態が続いております)

■外需は同22,5%増の
 616億3100万円で、2ヶ月ぶりの増加。
 中国で「スマートフォン」や「自動車」など
 (幅広い業種で需要回復が続いており、外需全体をけん引しています)

12月も新型コロナウイルスの
感染再拡大が及ぼす影響などが懸念されるものの
日工会の年間見通しを超えることがほぼ確実に。

(詳細は記事をご覧ください)

2020.12.10 日刊工業新聞より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー