まる梅:平成29年5月 端午の節句 献立の手紙 

五月は男の子の誕生や成長を祝う行事の端午の節句です。

かぶとかざり(太刀・弓)は身を守り安全に暮らすため。
鯉登り そのむかし中国の滝を鯉だけが登り竜に変わった事で、たくましさ・生命力・成長・出世を表す
しょうぶの葉よもぎの葉を戸口に刺し、邪気ばらい・健康祈願を表す。
■節句に食べる物として、=(勝男)や(めでたい)やスズキ(出世魚なので成長出来る)を食べる、いわれがあります。

素材や節句のいわれを表現しています。紅の里で新緑の美しい候に出会ってください。

3500円コース
3500円コースプラン
4000~6000円
4000~6000円プラン


凌ぎ
うこぎ寿し(しらす・桜エビ・ガリ・白ゴマ・うこぎ)玉子焼
(うこぎとは、上杉鷹山公が植えさせ、垣根にもなり食することも出来る山菜)
飲食する前に一口のごはんものを食べると、悪酔いをしなかったり、食が進む献立です。一番最初に食べてください。
前菜

 

・かぶとかざり(折り紙で作りました 記念に持ち帰って飾ってください)
くじらもち大葉包み焼(節句のお供え)矢羽根串刺し(弓矢)
鯉洗い・野菜吹流し 蓮根 酢味ソ
(蓮根は風車で鯉登りを表した)
すずき魚塩焼 レモン(出世・成長)
刺身 鮪 初鰹(勝男) タコ 甘エビ しょうぶ葉 しょうぶ麩
筍汁
洋皿 ・クリームチーズ生ハム巻 海老 ハッシドポテト 河北紅花黄身酢
・季節野菜・河北町イタリア野菜サラダ・ハニーマスタード バルサミコ酢
千代口:アケビ南蛮味ソ
千代口:自家製完熟梅干とウグイス胡瓜
(まる梅の屋号 梅にウグイス)
蒸物 鯛頭酒蒸し(節句にめでたい鯛を食べる)
上品に食べるのではなく、手を使い、シュパシュパと食べてください。ゼラチン質が多いのを感じられると思います。きれいに食べると鯛の頭の中から鯛の形をした骨が出てきます。「財布に入れるとお金が貯まる?!」と言われる縁起物ですので、ぜひ見つけてみてください。
陶板 牛ステーキ 部位:内もも
(牛500kgから30kgしかとれない、希少部位です)
汁物※1 まる梅名物 冷肉帯麺(うどん)(幅広く幸せが長く続く様に)
デザート※2
河北産ラフランス入りよもぎ蒸しパン(邪気払い・健康祈願)
先付※3
豆グラタン(3色豆・トッポギ)まめで達者で暮らせる様
合肴※4 鮑バター焼 レモン
強肴※5 キンキ塩焼 レモン

※1  3,000円プランから付きます
※2 3,500円プランから付きます
※3 4,000円プランから付きます
※4 5,000円プランから付きます
※5 6,000円プランから付きます

1日に30品目の食材を摂ると健康で長生き出来ると言われていますが、なかなか家庭で摂るのが難しいですが、この献立1回で70品目の食材を摂ることが出来ます。2.3日分です。
まる梅の「端午の節句料理」を食べてみてはいかがですか?
お待ちしております。


食彩遊膳 まる梅 0237-71-0570
(ご宴会は前日午前中までご予約ください)