平成29年7月 紅の里(紅花)献立の手紙

「末摘花」の雅名をもち、山形県の県花として親しまれている紅花。
江戸中期には全国生産で最高位を占め「最上紅花」として一世を風靡し、都では金よりも高価とされてきました。
今が最上紅花の開花時期になります。
七夕の月でもありますので、献立の中に表し、紅花料理と合わせ物語を表現しました。
元祖紅花の里河北町で、紅花を眺めながら食事をしてはいかがですか?
まる梅の畑で私が栽培した野菜をたくさん使用して献立をつくりました。

食前酒
梅酒(梅の収穫時期です)
凌ぎ
紅花寿し(シラス・うこぎ) 玉子焼 香の物サラダ
(日本料理で飲食する前に一口のごはんものを食べると、悪酔いをしなかったり、食が進む献立です。一番最初に食べてください。
前菜 <紅花料理>
・最上紅花飾り(自家栽培)

・紅花若菜浸し 蝶人参(自家栽培)
・紅花クリームゴマ豆腐
・メルヘン南瓜紅花煮(自家栽培)

・完熟梅干 生麩 ウグイス胡瓜(自家栽培)
刺身 鮪 活蛸 鯵 甘エビ
(山形名物)くじら汁 味噌仕立
洋皿 ・胡瓜・ローメンレタス・長芋・アボガド・レンコン・生ハム・セルク盛り紅花
・福子焼 焼茄子 トマト 卵子
・星型胡瓜 バルサミコ酢流星
・冷南瓜スープ じゃが芋ニョッキ 紅花
蒸物 鯛頭酒蒸し(めでたい鯛を食べる)
上品に食べるのではなく、手を使い、シュパシュパと食べてください。ゼラチン質が多いのを感じられると思います。きれいに食べると鯛の頭の中から鯛の形をした骨が出てきます。「財布に入れるとお金が貯まる?!」と言われる縁起物ですので、ぜひ見つけてみてください。
陶板 牛ステーキ(カイノミ)
稀少部位 みすじ 牛1頭500kgから5kgしかとれない
※1 冷紅花麦切り
デザート※2
自家製赤しそシロップかき氷or 紅花ラ・フランス蒸しパン
焼物※3
ムール貝のバターガーリック焼
合肴※4 鮑バター焼 レモン
強肴※5 キンキ塩焼 レモン

※1  3,000円プランから付きます
※2 3,500円プランから付きます
※3 4,000円プランから付きます
※4 5,000円プランから付きます
※5 6,000円プランから付きます

7gatu
7月の献立
4000_6000
4000~6000円追加料理


1日に30品目の食材を摂ると健康で長生き出来ると言われていますが、なかなか家庭で摂るのが難しいですが、この献立1回で61品目の食材を摂ることが出来ます。2日分です。
まる梅の「紅の里料理」を食べてみてはいかがですか?
お待ちしております。


食彩遊膳 まる梅 0237-71-0570
(ご宴会は前日午前中までご予約ください)