令和元年11月 晩秋の手紙

 


11月は霜降り月になっており、街の木々が日一日と色が濃くなり紅葉狩りの良い季節を迎えます。
秋野菜や木の実・根菜類・果実が加わり山形の食材も今月が最後の収穫月ですので、沢山召し上がってください。

今月私が収穫・使用した自家栽培野菜は18種です。
(メルヘン南瓜・紅花・紅花若葉・ほうれん草・あけび・秘伝豆・柿・菊・ビーツ・山東菜・紅心大根・赤大根・むらさき大根・わさび菜・ラディッシュ・黄人参・コリンキー・サラダカブ)

食前酒
自家製梅ジュース OR 梅酒
癒し
スープ
濃厚南瓜スープ(心も体も癒してください)
前菜 ・赤とんぼ折紙かざり・もみじの葉
・秘伝豆ぬた和え
(干し柿・じゃが芋ニョッキ)
・あけびきのこ南蛮味噌炒め
・むき秘伝枝豆 もって菊おろし酢
・菊花貝柱造り 酢味噌
刺身 旬の海の幸
氷ドーム
(まる梅名物・氷ドームは全国でも数件でしかやっていない珍しい物)
きのこ鍋(しょう油仕立)
はな茸/たもぎ茸/本シメジ/エノキ/なめこ/鶏つくね/豆腐/一味
野菜皿 ・柿/リンゴ/イチジク/ラフランス/トマト/生麩/コールドチキン/かぼす
・メルヘン南瓜紅花煮/青梅煮ウグイス胡瓜
・合鴨ロース燻製/紅花若葉添え
・山東菜/赤根ほうれん草/紅心大根/長芋/紅大根/コリンキー/帆立
・ワサビ菜/ブロッコリー/ビーツ/ムラサキ大根/ラディッシュ/サラダカブ/サツマイモ/黄人参/海老/ゆで玉子
蒸物 鯛頭酒蒸し(めでたい鯛を食べる)
上品に食べるのではなく、手を使い、シュパシュパと食べてください。ゼラチン質が多いのを感じられると思います。きれいに食べると鯛の頭の中から鯛の形をした骨が出てきます。「財布に入れるとお金が貯まる?!」と言われる縁起物ですので、ぜひ見つけてみてください。
陶板※2 牛ステーキ(シンタマ)
牛600kgから2kgとれる部分です
肉帯麺(幅広く幸が長く続きますように)
全国で当店だけの商品
デザート※2 自家製赤しそかき氷
合肴※3 ケーキ・ラフランスコンポート
追肴※4
鮑ステーキ
強肴※5 キンキ焼

※1 3,000円プランから付きます
※2 3,500円プランから付きます
※3 4,000円プランから付きます
※4 5,000円プランから付きます
※5 6,000円プランから付きます


1日に30品目の食材を摂ると健康で長生き出来ると言われていますが、なかなか家庭で摂るのが難しいですが、この献立1回で81品目の食材を摂ることが出来ます。2日分です。

まる梅の畑の恵みで作った「秋の味覚料理」を食べてみてはいかがですか?紅の里でお待ちしております。


食彩遊膳 まる梅 0237-71-0570
(ご宴会は前日午前中までご予約ください)