タグ別アーカイブ: 献立の手紙

平成29年9月 仲秋秋祭りの手紙

9月は仲秋ですが、まだ残暑の厳しい日が続きます。
名残り夏野菜の味が一番濃い時期でもあります。
秋の花である萩の花も見ごろです。
秋の味覚も出始め、私が育てた自家野菜も18種を使用しております。

谷地のどんが祭り(秋祭り)が9月16日~9月18日開催され、町内が伝統ある祭り一色になります。神前に季節の山の幸・里の幸・海の幸をお供えし、農作物の収穫を神に感謝しますので、会席料理の中にふんだんにとり入れました。

食前酒
巨峰サワー
凌ぎ 枝豆ごはん・玉子焼・漬物
癒しスープ
南瓜スープ
前菜 ・赤とんぼ折り紙かざり
・クリームゴマ萩豆腐(萩の花見立)
・完熟梅干 生麩 ウグイス胡瓜
・あけび 秋茄子 コリンキ 自家南蛮味噌炒め
・秋茄子蒸し 枝豆ぬた和え

刺身 旬の海の幸 四点盛り
八宝汁(山形郷土料理 冷汁仕立:16種)
洋皿 千代口:トマト・生ハム・バジル
小皿:アボガド・パイン・干柿・木苺・マスカルポーネ クラッカーのせ
・11種の地場野菜サラダ(自家栽培野菜含む) と鶏燻製
蒸物 鯛頭酒蒸し(幸せが来ますように)
上品に食べるのではなく、手を使い、シュパシュパと食べてください。ゼラチン質が多いのを感じられると思います。きれいに食べると鯛の頭の中から鯛の形をした骨が出てきます。「財布に入れるとお金が貯まる?!」と言われる縁起物ですので、ぜひ見つけてみてください。
陶板 牛ステーキ(かいのみ)
牛1頭600kgから5kgしかとれない希少部位
汁物※1 冷肉帯麺(幸せが幅広く長く・全国で当店だけ)
デザート※2
自家製赤しそ かき氷 OR ラ・フランスコンポート
合肴※3
トマト 桜海老 白スチーズパン粉バジル焼
追肴※4 鮑バター焼 レモン
強肴※5 キンキ塩焼 レモン

※1  3,000円プランから付きます
※2 3,500円プランから付きます
※3 4,000円プランから付きます
※4 5,000円プランから付きます
※5 6,000円プランから付きます

9月 仲秋秋祭りの手紙
9月 仲秋秋祭りの手紙
追加メニュー:4000円から6000円
追加メニュー:4000円から6000円

1日に30品目の食材を摂ると健康で長生き出来ると言われていますが、なかなか家庭で摂るのが難しいですが、この献立1回で63品目の食材を摂ることが出来ます。


9月は「長月」です。雨や台風も多い気象の変化の激しい月でもあり、夜が長くなる「夜長月」の略でもあります。夜長を紅の里でお待ちしております。


食彩遊膳 まる梅 0237-71-0570
(ご宴会は前日午前中までご予約ください)

平成29年8月 夏の納涼料理の手紙

毎日太陽をいっぱいあびた私が栽培した野菜が力強い生命力で収穫を待っています。
日々の栽培の苦労が、むくわれる時期です。
山形盆地は日本最高気温を何十年も記録した土地なので、昔から納涼を食事で味わう文化が栄えました。
ぜひ私の栽培した夏野菜を、私の作った料理で厳しい暑さで熱をもった体を冷やしてください。

お客様が健康でこの夏を過ごされることをお祈りしております。

食前酒
桃のカクテル
癒しスープ
とうもろこしスープ
前菜 ・金魚折り紙かざり
・イカエビ花造り 蝶人参 酢味噌敷き
・青梅密煮 生麩 ウグイス胡瓜
・紅花クリームゴマ豆腐
・あけび 茄子揚げ 自家南蛮味噌

刺身 旬の魚 三点盛り
冷鍋 山形名物冷汁と野菜そうめん
洋皿 うなぎと自家栽培野菜の梅ソース掛け
凌ぎ:赤しそくるみごはん
千代口:もって菊秘伝枝豆
蒸物 鯛頭酒蒸し(めでたい鯛を食べる)
上品に食べるのではなく、手を使い、シュパシュパと食べてください。ゼラチン質が多いのを感じられると思います。きれいに食べると鯛の頭の中から鯛の形をした骨が出てきます。「財布に入れるとお金が貯まる?!」と言われる縁起物ですので、ぜひ見つけてみてください。
陶板 牛ステーキ(かいのみ)
牛1頭600kgから5kgしかとれない希少部位
汁物※1 冷し肉帯麺
デザート※2
かき氷(自家製赤しそシロップ)
合肴※3
トマト 桜海老 白スチーズパン粉バジル焼
追肴※4 鮑バター焼 レモン
強肴※5 キンキ塩焼 レモン

※1  3,000円プランから付きます
※2 3,500円プランから付きます
※3 4,000円プランから付きます
※4 5,000円プランから付きます
※5 6,000円プランから付きます

kaiseki08
8月の納涼料理
4000-6000
追加メニュー:4000円から6000円


1日に30品目の食材を摂ると健康で長生き出来ると言われていますが、なかなか家庭で摂るのが難しいですが、この献立1回で70品目の食材を摂ることが出来ます。

今月使用した、私が栽培した野菜は16品です。
まる梅の畑の恵みで作った「納涼料理」を食べてみてはいかがですか?紅の里でお待ちしております。


食彩遊膳 まる梅 0237-71-0570
(ご宴会は前日午前中までご予約ください)