「ゼロカーボン」タグアーカイブ

アスファルト工事で環境整備

結いのきが太陽光発電システムを導入したのは、電気料金の節約とゼロカーボンシティー宣言の米沢市への貢献を考えてのことでした。

冬支度の一環で、除雪機で雪掃きをした場合、駐車場に敷いた砂利が太陽光パネルに飛んでいかないようにするためと環境整備を目的に、駐車場をアスファルトにすることにしました。

工事も大詰めで、9月20日は大勢で工事にあたっていただいています。

完成が楽しみです。

20210920_3140973

結いのきの詳細は公式サイトをご覧ください。

結いのきの太陽光発電通電式開催

ゼロカーボンシティに民間福祉施設として参加

米沢市がゼロカーボンシティを宣言したのをきっかけに、私たちNPO結いのき(大友恒則理事長)では、この度自家発電自家消費を太陽光発電によって行うことにしました。

7月27日火曜日に太陽光発電の完成式と通電式が行われました。

あいにくの雨の中を、式典には関係者とデイの利用者、高齢者共同住宅の住居者ら50人が建物の中から見守る中、民謡一家の上杉太鼓演奏で開会しました。

上杉太鼓

中川勝米沢市長から「米沢市のゼロカーボンシティ宣言にいち早く協力いただくことに感謝します」と祝辞をいただきました。

大友理事長からは「自家発電自家消費という米沢初の太陽光による施設の試みに対して、今後も結いのきはSDGsやノーカーボンシティ宣言に協力していく。今準備している再生可能エネルギーの地産地消を目指す新電力に対しても全面的に協力をしていきたい」と環境宣言を行いました。

この太陽光発電116枚のパネルによる発電で、デイサービスセンターと高齢者住宅の年間電気料金約300万円のうち約30%が経済的に節約される予定です。

結いのきについてや最新情報は公式サイトをご覧ください。