【文芸】小さな神たちの祭り

小さな神たちの祭りの表紙

内館 牧子:著
潮出版:発行
定価:1,760円(税込)

谷川晃は宮城県南部の町・亘理のいちご農家の長男。東日本大震災が発生した2011年3月11日は東京の大学に進学するため、アパートの契約などで上京していた。晃を除く家族全員が津波に呑まれ、8年が経っても、誰も見つかっていなかった。大学卒業後、東京で就職したが志半ばで仙台に戻った晃の目には、人々が震災のことなど忘れてしまっているかのように映り、恋人の美結との結婚にも踏み出せないでいた。そんな時、二人の前に1台のタクシーが現れる…。
東日本大震災から10年、前へと歩む人々に寄り添った感動の物語。
          

(情報提供:(株) 八文字屋

【生活】bechoriのカラフルハンドレタリング

bechoriのカラフルハンドレタリングの表紙

bechori:著
メイツ出版:発行
定価:1,958円(税込)

SNSを通して手書き文字の楽しさを発信しているレタリング作家・bechoriさんによる、さまざまな画材を使ってレタリングのコツを紹介。「誰もがみとれる、自分もみとれる」端正で美しい文字が書けるようになるだけではなく、手紙やメッセージカード、カレンダーや手帳などのデコレーションでカラフルなレタリングを楽しみたい人にもオススメ。
ボールペンやマーカー、憧れの万年筆まで、ペンの使いわけでもっと広がる、美しい手描き文字の世界を楽しめる。
      

 

(情報提供:(株) 八文字屋

 

【教養】まちづくり幻想

まちづくり幻想の表紙

木下斉:著
SBクリエイティブ:発行
定価:990円(税込)

地方創生が叫ばれてから早数年。莫大な財源が投入され、地元をどうにかしたくて地域の人を巻き込んだ事業に取り組んだ人達が大勢いるのに、結果が出ないのはなぜか。そこには、「まちづくり幻想」があると著者は指摘する。「まちづくり幻想」とは、皆が常識だと思いこんでいるものが、実は現実とは異なり、それを信じ、共有してプロジェクトを進めてしまうが故に地域の衰退を加速させる、本質的な問題だ。 失敗する地域再生事業の多くは、取り組み内容以前として、関係者の思考の土台そのものに間違った思い込みがあるのだ。
地域分野でトップランナーの著者が、全国の実践例と最新の統計をもとに暴き出す、誰も言わなかった本音のまちづくり論。
           

(情報提供:(株) 八文字屋

【児童】かえるのごほうび 新装版

かえるのごほうび 新装版の表紙

木島始 梶山俊夫:著
福音館書店:発行
定価:1,540円(税込)

世界に誇る国宝の絵巻「鳥獣戯画」。どんな物語なのか、何のために描かれたのか、現代に至るまでいまだ謎に包まれている。しかし1本の筆から描き出された動物や植物、風景など、躍動感にあふれる絵は、今でも人々を魅了してやまない。そんな世界一有名な日本の絵巻を、子どもたちに自由に楽しんでもらおうと物語として再構成した画期的な絵本。
物語の切れ目がなく、言葉もない絵巻物が、場面がクローズアップされ言葉を得た時、新しい世界が見えてくるのが不思議でおもしろい。  

 

     

(情報提供:(株) 八文字屋

 

【文芸】推し、燃ゆ

推し、燃ゆの表紙

宇佐見りん:著
河出書房新社:発行
定価:1,540円(税込)

日常生活の中に自分の居場所を見つけられず、大好きなアイドル=「推し」を追いかけることで、何とか生活を送っていた高校生の主人公・あかり。ある日、そのアイドルが一般人女性に暴力を振るったことでSNSが炎上する。少しずつ「推し」との距離が開いていき、自分のからだを支える「背骨」ともいえるその存在がいなくなったとき、どんなに不器用でも生きていかなければならない現実と向き合うことになるが…。第164回芥川賞受賞作。
         

(情報提供:(株) 八文字屋

【生活】レスキューナースが教えるプチプラ防災

レスキューナースが教えるプチプラ防災の表紙

辻直美:著
扶桑社:発行
定価:1,320円(税込)

国際災害レスキューナースとして活躍してきた著者が、これまでさまざまな被災地での経験を活かし、もしもの時のシミュレーションとともに災害に備えるためのテクニックを紹介。例えば、食器棚や本棚の収納には滑り止めシートを活用すること、少しでも危険を回避するための家具や道具の置き方・選び方など。「シンプルで心地よく暮らしているだけで、いつのまにか防災になっていること」を目指して、誰でも必要以上にお金をかけずに、日常に取り入れることが出来る防災術が満載。私たちはいつ、どこで、どんな災害にあうかわからない。だからこそ、ときには暮らしの中を見直す機会も必要ではないだろうか。
     

 

(情報提供:(株) 八文字屋

 

【教養】手作りを楽しむ蜜ろう入門

手作りを楽しむ蜜ろう入門の表紙

安藤竜二:著
農山漁村文化協会:発行
定価:2,640円(税込)

橙色のキャンドルに静かに火を灯すと、ゆっくりと優しく、温かみのある光が広がっていく「蜜ろうキャンドル」。日本で初めて蜜ろうキャンドル製造に着手した著者は、山形県朝日町の「ハチ蜜の森キャンドル」で30年以上にわたって蜜ろうキャンドルの楽しみ方や、蜜源の森を守る活動などを続けてきた。基礎知識や歴史から、現在の蜜ろうキャンドルができるまでの試行錯誤の話や活用術まで、余すところなく蜜ろうとの楽しい付き合い方が書かれている。
          

(情報提供:(株) 八文字屋

【児童】アベベのぼうけん おどろきの上巻

アベベのぼうけんの表紙

佐藤雅彦 石澤太祥 貝塚智子:著
小学館:発行
定価:1,650円(税込)

毎日の生活をおくる中で、たとえば「おいしいカレーライスを家族にごちそうしたい」「夏休みに友達と旅行に行きたい」と思った時、あなたはどんな順番で、何を準備すればいいのか、実現するためにはどのような手順で進めるとよいのかを考えるだろう。プログラミングとは、そのような未来のすがた・かたちなどを考え、実現するために準備するものや手順を前もって決めておくこと。主人公アベベとともにぼうけんをすすめながらプログラムを読み解き、楽しく「プログラミング的思考」を身につけよう。   

 

     

(情報提供:(株) 八文字屋

 

【文芸】鬼哭の銃弾

鬼哭の銃弾の表紙

深町秋生:著
双葉社:発行
定価:1,760円(税込)

警視庁捜査一課の刑事・日向は多摩川河川敷で起きた発砲事件の捜査を命じられる。使用された拳銃の線条痕が、22年前の「スーパーいちまつ強盗殺人事件」で使用された拳銃と一致したことから、迷宮入りとなっていた事件の捜査が動き出す。当時、担当していたのは鬼刑事の父・繁だった。捜査にのめり込むあまり家庭崩壊を招いた〝因縁の事件〟に対峙することになった日向。警官親子が骨肉の争いの果てにたどり着いた事件の真実とは――。
愛と暴力とカタルシス。人間の業を凝縮させた警察小説の大傑作。
        

(情報提供:(株) 八文字屋

【生活】下ろすだけダイエット

下ろすだけダイエットの表紙

石村友見:著
サンマ-ク出版:発行
定価:1,540円(税込)

腹筋ドロップ、二の腕ドロップ、お尻ドロップ、背中ドロップ、太ももドロップ―あなたは何秒かけて下ろせるか!?やせたい部位を狙い撃ちする5つのドロップモーションが、あなたの体を劇的に変える。「ダイエット」と筋力を適度に鍛える「疲れにくい身体」のダブル効果が期待できる、ニューヨーク発・世界最先端のボディメイク法。
最近おうち時間とともに身体を動かさない時間も増えたかも…と思ったら。誰でも無理なくはじめられるトレーニング本。
    

 

(情報提供:(株) 八文字屋