【文芸】向日葵を手折る

向日葵を手折るの表紙

彩坂美月:著
実業之日本社:発行
定価:1,870円(税込)

父親が突然亡くなり、山形の山あいの集落に引っ越した小学校6年生の高橋みのり。分校の同級生と仲良くなりはじめた夏、集落の行事「向日葵流し」のために植えられていた向日葵の花が、何者かによってすべて切り落とされる事件が起きる。同級生たちは「あれは向日葵男のしわざだ」と噂するが、さらに不穏な出来事が続いて…。
あざやかに季節がめぐる彼女の4年間と事件の行方を瑞々しい筆致で描く、烈しくも切ない青春ミステリ。
   

(情報提供:(株) 八文字屋

【実用】草取りにワザあり!

草取りにワザあり!の表紙

西尾 剛:著
誠文堂新光社:発行
定価:1,760円(税込)

庭や畑、空き地や駐車場など、ほんの小さなスペースにもすきあらば生えてくる雑草。その雑草を抜く作業は、意外と重労働だ。抜いても抜いても出てくる草に、手を焼く人は多いのではないだろうか。そんな「イヤな仕事」である草取りが「楽しく」なるヒントを提案する基本の書。
場所に応じた管理方法、上手に道具を使うテクニック、雑草が庭の主役になるかもしれない「選抜管理」など、実際に草取りが「楽しく」なったという著者が、草取りのワザを伝授。
   

(情報提供:(株) 八文字屋

【教養】マンガ版 ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術

マンガ版 ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術の表紙

ゆうきゆう Jam:著
三笠書房:発行
定価:1,320円(税込)

口げんかで何も言えず、つらい気持ちを抱えたことがあるあなた。誰かの言葉で悔しくて眠れない夜があったあなたも。「言い返したい!でも、言い返せない…」そんな悔しい思いをしているすべての人へ。大切なのは「ちょっとだけ反撃」をして、自分の身を守ること。
どんなキツイ攻撃にも「巧みにかわす」テクニック、無神経な相手から「心を守る」方法、正面から反撃せずに「さりげなく水を差す」コツなど、人づきあいに必要な“賢さ”を手に入れれば、人間関係が今よりもっとラクになるはず。
    

(情報提供:(株) 八文字屋

【児童】パンどろぼう

パンどろぼうの表紙

柴田ケイコ:著
KADOKAWA:発行
定価:1,430円(税込)

まちのパンやからサササッととびだす一つのかげ。パンが、パンをかついで逃げていく?!
「おれはパンどろぼう。おいしいパンをさがしもとめる大どろぼうさ」。ある日、森の中で「せかいいち おいしい もりのパンや」とかかれたパンやを見つけ、さっそくもぐりこんでみるが…。お茶目で憎めないパンどろぼうが、今日も事件をまきおこす!そしてパンに包まれた、その正体とは?
パンどろぼうの表情にも思わず笑ってしまう、読んだ後は美味しいパンが食べたくなる絵本。
 

     

(情報提供:(株) 八文字屋

 

【文芸】欲が出ました

欲が出ましたの表紙

ヨシタケシンスケ:著
新潮社:発行
定価:1,100円(税込)

お菓子をもう一個取っていいんじゃない?もうちょっと寝ててもいいんじゃない?人間って、プチ欲が出たとき、何とも言えない顔をする。そんな一瞬を、絵本作家ヨシタケシンスケが、「深く浅く」切り取ってみると…。欲が出るから失敗するけど、欲が出るから人間って面白い!?
読むと「クスッとしてホッとしてちょっとイラッとする」スケッチ解説エッセイ第二弾。各章ごとにスケッチだけ掲載したページもあり、ちょっとだけ世界の見え方が変わるかも?
  

(情報提供:(株) 八文字屋

【実用】やせ筋トレ姿勢リセット

やせ筋トレ姿勢リセットの表紙

とがわ 愛:著
KADOKAWA:発行
定価:1,320円(税込)

太りやすくて、ダイエットしてもなかなかやせない。体重はそうでもないのに、下腹や太ももが…。それは「姿勢」が原因かもしれない。座りっぱなし、スマホを見っぱなし、などの習慣で、おデブ姿勢の「反り腰ねこ背」になってしまう人が続出。ほかにも、ぽっこりお腹、ずんどうウエスト、垂れたお尻、だらしない背肉などの姿勢をリセットしよう!運動嫌い、運動が苦手な人のツボをおさえて「やせ筋」をわかりやすくイラストで解説。10分でできるから、忙しい人でも続けられる。
ダイエットだけでなく、疲れにくくて健康な体を手に入れたい人にもオススメ。
  

(情報提供:(株) 八文字屋

【教養】人生に必要な教養は中学校教科書ですべて身につく

人生に必要な教養は中学校教科書ですべて身につくの表紙

池上彰 佐藤優:著
中央公論新社:発行
定価:1,540円(税込)

中学校教科書には、ビジネスパーソンが習得すべき基礎知識のすべてが詰まっている。超多忙な社会人の学びなおしに最適のツールとも言える。 地理、歴史、公民、理科、国語、数学、英語、そして道徳まで。激動の世界を爆走し続ける池上彰、佐藤優の二人が12社54冊分を読み解いた。
ポストコロナの世界、AI社会を生き抜くためには、付け焼刃の知識では太刀打ちできない。生き残りをかけ、基礎力を鍛え直せば、社会の深層が見えてくる。
  

(情報提供:(株) 八文字屋

【児童】きみを強くする50のことば

きみを強くする50のことばの表紙

工藤勇一:著
かんき出版:発行
定価:1,430円(税込)

「どうしたら、すてきな大人になれるだろう?」大人が子どものときに知っておきたかった、一生役立つ人生のヒント集。「自分をきたえる」「人とつながる」「学ぶ」「挑戦する」「楽しく生きる」ためのそれぞれのキーワードで50のことばを紹介。自分で考え判断し行動に移す「自律」とすべての人に対する「尊重」の姿勢を養うことで、これからの多様性の時代を生き抜く力をつけよう。
子どもたちへ向けて書かれたヒントだが、大人も気づきが得られるものもあり、ぜひ親子で読んでほしい1冊。
    

(情報提供:(株) 八文字屋

【文芸】少年と犬

少年と犬の表紙

馳星周:著
文藝春秋:発行
定価:1,760円(税込)

傷つき、悩み、惑う人びとに寄り添っていたのは、一匹の犬だった――。
2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の生活を支えようと、犯罪まがいの仕事をしていた。ある日和正は、コンビニで、ガリガリに痩せた野良犬を拾う。「多聞」という名らしいその犬は賢く、和正はすぐに魅了された――「男と犬」ほか、飼い主とはぐれた犬の「多聞」が、さまざまな人との出会いと別れを繰り返しながら紡ぐ6編の物語。犬を愛するすべての人に捧げる感涙作。 

 

(情報提供:(株) 八文字屋

【実用】心とからだを元気にするお助けスパイスカレー

心とからだを元気にするお助けスパイスカレーの表紙

印度カリー子:著
家の光協会:発行
定価:1,430円(税込)

夏になると、無性にカレーが食べたくなるのはなぜだろう。オビの「おいしいだけじゃない!スパイスカレーは食べる漢方です。」という文字に引き寄せられて手に取った。スーパーでも手軽に手に入る三つの最強スパイス、ターメリック・クミン・コリアンダーの「タ・ク・コ」をベースにスパイスカレーを提案。辛くない基本のレシピと、3つの最強スパイスに+1スパイスで疲れなどの症状別に効くレシピをぞれぞれ紹介。スパイス初心者でも、自分の体や心の調子に合わせてカレーが楽しめる。
今年の夏は、辛くない、重くないスパイスカレーはいかが。
 

    

(情報提供:(株) 八文字屋