【文芸】たかが殺人じゃないか

たかが殺人じゃないかの表紙

辻真先:著
東京創元社:発行
定価:2,420円(税込)

昭和24年の名古屋、男女共学になった新制高校が舞台に、高校生たちが遭遇した密室殺人事件と首切り殺人事件。この二つの不可解な殺人事件を通して、著者自らが経験した戦後日本の混乱期と、青春の日々をみずみずしく描き出す。最高齢88歳での「このミス」「週刊文春」「ミステリが読みたい!」3冠を獲得した青春×本格ミステリ。
この本を読み終えた時、見えてくるタイトルの意味にきっと衝撃を受けるだろう。
       

(情報提供:(株) 八文字屋

【生活】行った気になる世界遺産

行った気になる世界遺産の表紙

鈴木亮平:著
ワニブックス:発行
定価:1,760円(税込)

はじめての旅行記、書きました。行ってないけど。―世界遺産に詳しいことでも知られる俳優・鈴木亮平が、熱い想いをめぐらせながら自ら絵・挿絵を描き下ろし、妄想爆発で文章も全て書き下ろした前代未聞の旅行記。この本を見て読むだけで、なんと30ヶ所もの世界遺産を旅した気分になれる夢のような1冊。
足を運ぶことが難しいなら、せめて心だけでも外へ連れ出して、おうちで気軽に”妄想”旅行、行ってみませんか?
   

 

(情報提供:(株) 八文字屋

 

【教養】普通で最高でハッピーなわたし

普通で最高でハッピーなわたしの表紙

渋谷真子:著
扶桑社:発行
定価:1,320円(税込)

マタギでギャルでYouTuber。さまざまな肩書きを持つ渋谷真子さんの初エッセイ。山形県の山奥で茅葺き職人を目指し、マタギとして狩猟もしていたことから『現代のもののけ姫Maco』というチャンネルのYouTubeを発信。茅葺き職人の仕事中に事故で車椅子生活になるも、常に明るく前向きに自身のことを発信し続けている。
恋・ファッション・仕事・性について…など、包み隠さずに生きている彼女からパワーがもらえる。
       

(情報提供:(株) 八文字屋

【児童】じいちゃんバナナばあちゃんバナナ

じいちゃんバナナばあちゃんバナナの表紙

のしさやか:著
ひさかたチャイルド:発行
定価:1,320円(税込)

バナナくんは、五人家族。ある日、バナナくんがあそんでいると、ぬぎっぱなしの皮が落ちていて、それをふんだバナナくんはつるっとすべってどすーん!「いたーい。だれ?かわをぬぎっぱなしにしたのは?」よく見ると、それはおじいちゃんが着ていた皮。皮をぬいだおじいちゃんはチョコバナナに変身していて、おばあちゃんは冷凍バナナになっていた。二人はこれからパーティーに出かけるんだって…!
完熟したバナナがおいしく変身する、愉快で楽しい食べ物絵本。    

 

     

(情報提供:(株) 八文字屋

 

【文芸】ヒゲとナプキン

ヒゲとナプキンの表紙

杉山文野:原案
乙武洋匡:著
小学館:発行
定価:1,650円(税込)

女として育てられ、現在は男として生きるイツキ、28歳。ある日、職場に過去を知られ、平穏な日々にさざなみが立ち始める。私生活では、パートナー女性・サトカが、出産への思いを募らせていく。自身の深くて複雑な悩みに苦しみながら、理不尽な社会や、家族と向き合い、イツキは一筋の光を見出していく。男とは、女とは、そして家族とは何だろう…。
身体や家族のカタチがそれぞれあるように、愛のカタチもそれぞれあるのだ、と問いかけるLGBTQ小説。
     

(情報提供:(株) 八文字屋

【生活】志麻さんの台所ルール

志麻さんの台所ルールの表紙

タサン志麻:著
河出書房新社:発行
定価:1,210円(税込)

伝説の家政婦・志麻さんが本当に伝えたかった料理上手になる方法を伝授!「食べる」を大切にすると「作る」はもっと簡単になる、献立はメニューではなく食材から考える、素材の味を活かす方法を考える、といったレシピに頼りすぎない考え方や、台所は常にキレイに!スピードも心の余裕も段違い、洗い物は後回しにしないほうが絶対ラク!など、各メディアで大活躍の著者によるノウハウ満載の、レシピ集ではなく初の料理ルールブック。
  

 

(情報提供:(株) 八文字屋

 

【教養】ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山

ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山の表紙

月山もも:著
KADOKAWA:発行
定価:1,540円(税込)

今すぐ出かけたくなる「自分を甘やかすだけ」のわがままな時間の過ごし方を、山と温泉を愛する女ひとり旅ブロガー・月山ももさんが案内。「楽しむときは誰かといっしょがいい」人と「ひとりでも存分に楽しめてしまう」人で、後者だという著者が、ひとりにはちょっとハードルが高そうな場所も、ふわりと乗り越えるエッセンスを紹介。
全国各地を旅するなかで故郷・山形について語っていることも多く、山形の人にこそ読んでもらいたい1冊。
      

(情報提供:(株) 八文字屋

【児童】こどもSDGs なぜSDGsが必要なのかがわかる本

こどもSDGs なぜSDGsが必要なのかがわかる本の表紙

秋山宏次郎:監修
バウンド:著
カンゼン:発行
定価:1,430円(税込)

SDGs(エスディージーズ)とは、国連が決めた2030年までに世界の人々が達成しなければならない目標のこと。なぜSDGsを達成しなければいけないのか?その答えは「このままでは未来の地球は立ち行かないほどの危ない状態」だから。本書ではSDGsと世界が直面する解決すべき問題、そして私たちの生活との関連をわかりやすく解説。
「自分さえよければ」が通用しなくなるこれからの時代に、まずは小さなことからはじめてみよう。  

 

     

(情報提供:(株) 八文字屋

 

【文芸】とわの庭

とわの庭の表紙

小川糸:著
新潮社:発行
定価:1,650円(税込)

帰って来ない母を待ち、〈とわ〉は一人で生き延びる。光に守られて、前を向く。暗い淵のなかに身を沈めて仰ぎ見る、透き通った光。「生きているって、すごいことなんだねぇ」。歌う鳥たち。草木の香り、庭に降りそそぐ陽射し。虹のように現れる、ささやかな七色の喜び。ちっぽけな私にも、未来はあるのだ。どんな人にも人生の春夏秋冬はあるけれど、いつだって自分から一歩踏み出すことで世界は変わる。
読み終えたとき、あたたかな空気に包まれる物語。
    

(情報提供:(株) 八文字屋

【生活】カミキィの<か和いい>季節のおりがみ

カミキィの<か和いい>季節のおりがみの表紙

カミキィ:著
日本文芸社:発行
定価:1,540円(税込)

季節に合わせて楽しめるかわいい「和」テイストの折り紙レシピをたくさん紹介。それぞれの作品の折り方が写真で解説されていてわかりやすく、子どもも大人も思わず「かわいい!」と、つくりたくなってしまうものばかり。できあがった作品をおしゃれにアレンジするアイディアやディスプレイのヒント、配色のポイント…などなど。
ちょっとした応用のコツも教えてくれるので、世界に一つだけの自分アレンジを楽しみながらつくりたい。 

 

(情報提供:(株) 八文字屋