e-yamagataトップページに戻る やまがたの暮らしまるごと応援サイト 「い〜山形どっとこむ」

e-スタイル > お医者さんに聞いてみよう! >内科開業医のお仕事


内科開業医のお仕事

東山内科クリニック
東山内科クリニック
院長  佐野 嘉紘 (さの・よしひろ)
平成18年5月  東山内科クリニック開業
平成21年9月  こらっせ分院開業


東山内科クリニック【内科、消化器科、小児科】
開院時と変わらない清潔第一のコンセプトで
健診や予防接種なども積極的に行っております。
●住所:新庄市東谷地田町2−6
●TEL:0233−28−1080



 新庄で開業してはや7年目、地域医療に携わってからここまであっという間でした。開業して間もなく、本書「凛」に寄稿させていただいたことがあります。何ともかたくて真面目な文章を書いたものです。
 最近の私はというと、たくさんの白髪と若干の老眼が出現。老化進行で忙しいながらも、精神的余裕が少し出てまいりました。今回は、開業医の日常の仕事について少しご紹介します。


患者さんの要望に合わせ広がる診療内容
 当クリニックは、内科、消化器科を掲げていますので、定期診察や風邪の診察など普通の内科開業医としての業務を行っています。また、小児の診療も勤務医時代に救急で経験があり、ニーズも大きいので診療科目に加えています。仕事は、椅子に座って血圧測定や聴診、内視鏡をしているだけでなく、機会あるごとに追加されて、多岐にわたるようになりました。
 開業からしばらくして、縫合セットが無かったために足のケガを処置できないことがありました。 そこで、縫合や外傷処置のセットを整備。これを応用して、皮膚の良性のイボや粉瘤程度の切除も行うようになりました。ニーズに応え、食道拡張や胃ろう増設なども行っています。さらに肩や肩甲骨周辺、腰の痛みへのトリガーポイント注射(局所の痛み止め)や、干渉波とマイクロ波による消炎処置など、ちょっとした整形外科的処置も追加。アレルギー性鼻炎や結膜炎、白癬やアトピー性皮膚炎などの疾患も診察しています。

内科、消化器科、小児科

かかりつけ医にご相談ください
 血圧は内科、湿疹は皮膚科、鼻炎は耳鼻科、骨粗しょう症は整形外科など、すべて真面目に診療科ごとに通院することは、お財布にも医療経済的にもあまりいいことではありません。
 もちろん全部が全部ではありませんが、かかりつけ医で可能な限り診療を一本化すれば、患者さんが持つ複数の疾患を把握できますし、患者さんの金銭的負担を大幅に減らせます。ご批判はあるかも しれませんが、若干の診療科の広がりは、内科かかりつけ医の使命であり醍醐味であると考えます。
 内科かかりつけ医をお持ちの方は、他の分野の疾患についても、まずは何でも相談なさるといいかもしれません。

 私は、院外の公的な仕事として朝の検診医、夜間診療所の当番、介護認定審査委員、ポリオ接種の当番などをしています。私的な仕事としては、精神科病院への内科往診、保育園の園医、会社産業医 、サービス付き高齢者向け住宅中心の分院経営などを行っています。
 皆さんに、開業医がいろいろな仕事をしていることを少し知っていただければ嬉しいと思い寄稿させていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。
【荘内銀行情報誌『凛』41 2012夏号 より転載】

e-yamagataトップページに戻る