特別展「上杉家の名刀と三十五腰」

名刀
クリックするとPDFで開きます

 戦国時代の雄 上杉謙信は、数多くの刀剣を収集したことで広く知られています。また、その跡を継いだ養子景勝も、謙信の刀剣を継承し、自ら「上杉景勝自筆腰物目録」を記すなど愛刀家でありました。このため、上杉家伝来の刀剣類には優品が多く、国宝や重要文化財に指定されたものも少なくありません。

 そこで本展では、各地で守り伝えられてきた謙信・景勝ゆかりの刀剣を中心に、上杉家重代の名刀を一堂に集め、名品の数々をご覧いただきます。

■展示構成
 プロローグ 上杉家名刀のなりたち
 第一章   謙信時代の名刀
 第二章   景勝時代の名刀
 第三章   歴代藩主の刀剣
 第四章   大名家の刀剣管理
 エピローグ 未来へ

■講演会 『上杉家の名刀を語る』
・10月22日(土) 14:00~16:00(会場13:30)
 置賜文化ホールにて、聴講無料、定員500名(要申込)
・講  師/角屋 由美子(米沢市上杉博物館学芸員)
          関口 真規子(埼玉県立歴史と民俗の博物館学芸員)
       志田  理子(佐野美術館学芸員)
・申込方法(往復はがきでのみ受け付けます)
・記入事項/往信面の裏:郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号
                 参加希望人数(2名様まで)、同伴者のお名前
        返信面の表:郵便番号、住所、氏名
・申込締切/9月30日(土)必着
・宛  先/〒992-0052 山形県米沢市丸の内1-2-1 米沢市上杉博物館
     「上杉家の名刀と三十五腰」講演会係
・ご参加の方にはオリジナル五虎退グッズをプレゼント!
※応募多数の場合は抽選となり、締切後に抽選結果をお知らせします。

■ギャラリートーク(展示解説) 米沢市上杉博物館学芸主査 角屋由美子
   9月23日(土・祝) 「展覧会のみどころ」
     10月7日(土)   「上杉家の名刀」 
※毎回14:00~15:00、企画展示室にて、要特別展入館料

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示

期間 2017年9月23日(土)~2017年10月22日(日)
常設展示室内「上杉文華館」にて展示。今年度最後の展示になります。

開催日時 2017年9月23日(土)~2017年10月22日(日)
休館日 会期中なし
会場 伝国の杜 米沢市上杉博物館
入場料 一般:820(650)円/高校・大学生:510(400)円/小・中学生:350(280)円
*( )内は20名以上の団体料金
*本展覧会は常設展・企画展一体型での展示です。 上記料金にて通常の常設展示室もご覧いただけます。
お問合せ 伝国の杜 米沢市上杉博物館 TEL: 0238-26-8001

※詳しくは、米沢市上杉博物館 ホームページをご覧ください。