リ・クリエイトでよみがえる フェルメール・光の王国展

【内 容】
17世紀オランダ絵画の黄金期を代表する画家ヨハネス・フェルメール(1632-75)。現存している作品は37点と非常に少なく、フェルメールの画家としての活動期間も約20年と決して長くはありませんでした。 本展覧会では、生物学者・福岡伸一氏監修により、フェルメールが求めた光と色彩を最新のデジタル画像技術によって描かれた当時の色彩を再現するリ・クリエイト(再創造)作品により現存する全37点を紹介します。

開催日時 2018年9月8日(土)~10月14日(日)
会場 酒田市美術館
観覧料 一般:540円/大学生・高校生:270円/中学生以下:無料
お問合せ 酒田市美術館 0234-31-0095