樋渡 浩個展 ちっこしむがしのころびらだ

樋渡 浩個展 ちっこしむがしのころびらだ庄内町在住の樋渡浩氏(1932-)のエッセイとイラストおよび彫刻作品約50点をご紹介します。

樋渡氏のエッセイは昭和の余目における暮らしのなかの、さまざまな余目ことばの語源や用法について綴ったものです。
文にはやわらかなタッチで描かれた自筆のイラストが添えられ、するどい考察が誰にでも親しみやすく表現されています。

ころびらだ(=こどもたち)に向けられた樋渡氏のやさしいまなざしや、余目の豊かな言語文化が感じられる展示です。

関連イベント
「昔ばなし語りの会 ~むがしあったけど~」
・日時:5月4日(土)午前11時~(30分程度)
・語り手:渡辺 綾子氏、佐藤 一彦氏
「樋渡浩個展に添える箏の演奏」
3月30日(土)、4月7日(日)、21日(日)、28日(日) いずれも午後2時~(10分程度)
・奏者:高瀬 雅楽秋氏

開催日時 2019年3月23日(土)~5月12日(日)
会場 庄内町内藤秀因水彩画記念館
入館料 無料
お問合せ 庄内町内藤秀因水彩画記念館 tel:0234-43-3039