「上杉家文書」にみる上杉鷹山ー敬老の心

常設展室内の「上杉文華館」では、国宝「上杉本洛中洛外図」(複製、または原本)と国宝「上杉家文書」を常時展示しています。

国宝「上杉家文書」は、年間・月間テーマを定め、展示物を毎月入れ替えながら展示しています。
2019年度のテーマは『米沢初入部250年記念 「上杉家文書」にみる上杉鷹山』です。

「敬老の心」

コレクショントーク(展示解説)
  A:10月6日(日)
  B:11月4日(月・祝)
※コレクショントークのうち、Aは上杉家文書、Bは洛中洛外図屏風を中心に解説します。

会 期 2019年9月23日(月・祝)~11月21日(木)
料 金(~9/30) 一般:620円(490円)/高校・大学生:400円(320円)/小・中学生:250円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
※常設展・企画(特別)展一体型の展示となります。
料 金(10/1~) 一般:620円(490円)/高校・大学生:420円(330円)/小・中学生:270円(210円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
※常設展・企画(特別)展一体型の展示となります。
会場 伝国の杜米沢市上杉博物館(上杉文華館)
お問合せ 伝国の杜米沢市上杉博物館 TEL:0238-26-2666

詳しくは公式サイトをご覧ください。