特別展 本間家創業330年記念『本間家が守り伝えた品々 第2部 本間家ゆかりの名品』

本間家には、江戸時代の東北諸藩への支援や明治時代からの文化事業により、藩主や文化人、蒐集家の愛蔵品が集まりました。
本間家ではこれらを大切に保管し、本間美術館の設立を機に広く公開しています。
本展は、本間家創業330年を記念し、本間家が守り伝えた品々を二部構成でご紹介する特別展の第二部です。
本間家に伝わった美術工芸品より、国・県・市の指定文化財などを中心とした、特に貴重な品々をご紹介します。
谷文晁の孫・谷文中の来酒のきっかけとなった文晁の屏風絵や、沢庵和尚が上山に追放された際に詠んだ歌、戦国武将たちの手紙、平安・鎌倉時代の経文や仏画など、歴史ロマンを感じる名品の数々をお楽しみください。

※当館館長によるギャラリートーク◉12月1日(日)午後2時より(60分程度)

開催日時 2019年 11月14日(木)~2019年12月20日(金)
会場 本間美術館
入場料 一般 1,000円 / 高・大学生 450円 / 小・中学生 無料
お問合せ 本間美術館 TEL. 0234-24-4311