二つの東海道五拾三次 歌川広重展

江戸の日本橋から京都の三条大橋まで続いていた東海道。その旅の様子を歌川広重(1797-1858)は、浮世絵で「東海道五拾三次」として克明に描き出しました。
その後も広重は幾度となく東海道を題材として描きましたが、同じ宿場町を描いていても、構図や色数、登場人物が異なり、その時代の雰囲気が色濃く反映されています。
本展では、「東海道五拾三次」の保永堂版と丸清版、計110点を同時に展示し、2つの異なる構図で表現された東海道をめぐります。また、大正時代に撮影された宿場町の様子も併せて紹介します。

開催日時 2020年9月5日(土)~2020年10月18日(日)
午前9時~午後5時(最終入館は午後4時30分)
会場 酒田市美術館
観覧料 一般:900円、高校生:450円、中学生以下:無料
主催 公益財団法人酒田市美術館
共催 酒田市、酒田市教育委員会
協力 公益財団法人日動美術財団、日本美術商事株式会社
お問合せ 酒田市美術館
TEL:0234-31-0095/FAX:0234-31-0094

※ 詳細は、酒田市美術館 特別展をご覧下さい。