開館20周年特別展 「上杉鷹山の生涯~藩政改革と家臣団~」

chirashi (1)
展覧会チラシ(PDF) (クリックすると ダウンロードできます)

 

 明和4年(1767)に数え年17歳で米沢藩主となり、危機にあった米沢藩の改革に取り組んだ上杉鷹山の72年の生涯を、上杉家家臣団との関わりを中心に紹介します。若くして藩主となった鷹山を教育、指導したのは竹俣当綱、莅戸善政らの改革派家臣でした。改革推進には奉行(家老)以下の上杉家家臣団が計画立案から実行まで大きな役割を果たしました。単に人物紹介に留まらず、藩政改革という地味かつ長期的な課題に苦闘した鷹山の人間像と家臣団の働きぶりに注目します。
【企画展・常設展一体型です】

会 期 2021年4月17 日(土)~6月20日(日)
前期:4月17日(土)~5月16日(日)
後期:5月22日(土)~6月20日(日)
休館日 5月26日(水)

料 金

一般:700円(560円)/高校・大学生:300円(240円)/小・中学生:無料
※( )内は20名以上の団体料金です。
会場・お問合せ 伝国の杜米沢市上杉博物館 TEL:0238-26-2666

詳しくは公式サイトをご覧ください。