プラザの座楽vol.13 妖怪を見た男

大人の「学び・遊び・歓び」の体験講座シリーズ

plaza13
クリックすると拡大します。

近代建築界の巨人 伊東忠太の世界
疎開先・川西町で完結した建築調査。
忠太が最後にスケッチした建造物とは…

『妖怪を見た男』(山形テレビ2005年)の上映とトーク

山形県米沢市が生んだ近代建築界の巨人 伊東忠太(1867〜1954)。建築家・建築学者としての活動だけでなく、文化財保護活動の礎を築き、首里城解体を直前に食い止めたのも忠太でした。また、忠太は、日本画家・探検家など、実に多彩な顔も持っていました。その極めつきが「妖怪漫画家」です。

講師:庄司 勉(しょうじ つとむ):山形テレビディレクター

開催日時 2021年11月7日(日) 14:00〜15:30
会場 川西町フレンドリープラザ・(ホール・ステージ上)
料金 500円
定員40名
お申込み・お問合せ 川西町フレンドリープラザ ℡:0238-46-3311

詳細は公式サイトをご覧ください。