コレクション展「上杉文書をひらく」

uesugikemonjo
クリックすると拡大します。

 「上杉文書」は、国宝「上杉家文書」とは別に、昭和29年(1954)に上杉家から米沢市に寄贈された史料群で、米沢藩の藩政史料が大部分を占めます。
 米沢市は、令和3年度より文化庁の「地域活性化のための特色ある文化財調査・活用事業」を活用して、5ヵ年計画で調査事業を行っています。
 本展覧会では、これまでの調査成果から、米沢藩の葬儀や刑罰の実態、上杉家の歴史編纂、米沢藩内を描いた絵図などを取り上げ、「上杉文書」から紐解かれる米沢藩の諸相をご紹介します。

詳細は公式サイトをご覧ください。

会 期 2022年12月3日(土)~2023年1月15日(日)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/26~1/1)

料 金

<コレクション展>
一般 :210円(160円)/高校・大学生: 110円(80円)/小・中学生:50円(40円)
<常設展・コレクション展セット券 >
一般 :420円(330円)/高校・大学生: 220円(170円)/小・中学生:110円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
会場・お問合せ 伝国の杜米沢市上杉博物館 TEL:0238-26-2666