「2019年4月」カテゴリーアーカイブ

樋渡 浩個展 ちっこしむがしのころびらだ

樋渡 浩個展 ちっこしむがしのころびらだ庄内町在住の樋渡浩氏(1932-)のエッセイとイラストおよび彫刻作品約50点をご紹介します。

樋渡氏のエッセイは昭和の余目における暮らしのなかの、さまざまな余目ことばの語源や用法について綴ったものです。
文にはやわらかなタッチで描かれた自筆のイラストが添えられ、するどい考察が誰にでも親しみやすく表現されています。

ころびらだ(=こどもたち)に向けられた樋渡氏のやさしいまなざしや、余目の豊かな言語文化が感じられる展示です。

関連イベント
「昔ばなし語りの会 ~むがしあったけど~」
・日時:5月4日(土)午前11時~(30分程度)
・語り手:渡辺 綾子氏、佐藤 一彦氏
「樋渡浩個展に添える箏の演奏」
3月30日(土)、4月7日(日)、21日(日)、28日(日) いずれも午後2時~(10分程度)
・奏者:高瀬 雅楽秋氏

開催日時 2019年3月23日(土)~5月12日(日)
会場 庄内町内藤秀因水彩画記念館
入館料 無料
お問合せ 庄内町内藤秀因水彩画記念館 tel:0234-43-3039

特別展「上杉家 葵の姫のものがたり」 -徳川家三姉妹の守刀-

aoi

 江戸時代の米沢藩主上杉家の縁組および華族となった近代上杉家の婚姻を紹介します。
 婚姻の意図や婚姻がもたらしたもの、また嫁いだ姫の生涯も謎に満ちていますが、華麗な婚礼調度や資料の数々に姫君の物語を紡いでいきます。 

展覧会チラシ(PDF)(クリックするとダウンロードできます)

講演会「尾張徳川家の姫と婚礼調度」
 5月11日(土)14:00~16:00
 吉川美穂 氏(徳川美術館マネージャー学芸員)
 伝国の杜2階大会議室にて、聴講無料、定員 先着120名

トークイベント「葵の姫のものがたりと上杉家」
 5月19日(日)14:00~15:00 
 伝国の杜エントランスにて、聴講無料、定員 先着200名
 登壇者:前田利祐・萬理子御夫妻、松平頼武・豊子御夫妻、
     徳川恒孝・幸子御夫妻、松平宗紀・智子御夫妻、
     保科正興・雅子御夫妻、上杉邦憲・紀美子御夫妻、
     鷹司尚武・久美子御夫妻、大坪喜美雄・和子御夫妻(順不同)

ギャラリートーク(展示資料解説)
  4月20日(土)14:00~「上杉家の婚姻」
  4月27日(土)14:00~「葵の姫-江戸時代-」
  6月 1日(土)14:00~「葵の姫-近代-」
    担当学芸員:角屋由美子
 ※企画展示室にて、要特別展入館料 

会 期 2019年 4月20日(土)~6月 9日(日) 
休館日 2019年5月22日(水)

料 金

一般:620円(490円)/高校・大学生:400円(320円)/小・中学生:250円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
※上記料金にて通常の常設展示室もご覧いただけます。

無料入館日

・5月   5日(日・祝)「子どもの日」 小中高生 入館無料
・5月18日(土)「国際博物館の日」 どなたでも 入館無料
※「国際博物館の日」についてはこちら(日本博物館協会のページへ)
会場・お問合せ 伝国の杜米沢市上杉博物館 TEL:0238-26-2666

詳しくは公式サイトをご覧ください。

旧庄内藩主 酒井家美術資料展

旧庄内藩主 酒井家美術資料展酒井家は徳川四天王筆頭の酒井忠次を祖とし、3代忠勝が元和8年(1622)に庄内へ入部しました。中興の祖と称される名君・9代忠徳は、乱れた風紀を憂い藩校致道館を設立します。その教育は、「人は生まれつき得手・不得手があるものだから、一人ひとりの優れている面を伸ばすようにしなさい」という方針でした…。

本展では、当館所蔵の致道館祭器(山形県指定文化財)のほか、旧藩主酒井氏に伝来した美術資料、並びに歴代当主の書画など、美術工芸品を中心に約30点を紹介します。

開催日時 2019年3月15日(金)~4月15日(月)
会場 公益財団法人 致道博物館
観覧料 一般700円 高大生380円 小中学生280円 団体(20名以上で団体割引有)
※4月1日より、一般800円 高大生400円 小中学生300円(20名以上で団体割引有)となります。
お問合せ 公益財団法人 致道博物館 tel:0235-22-1199

鶴岡雛物語

鶴岡雛物語鶴岡雛物語〜姫君が愛でた小さな世界〜

恒例の庄内藩酒井家伝来の雛人形、雛道具、鶴岡伝統のお雛菓子も一堂に! 大名家の優雅な”ひなまつり”をお楽しみください。

【ひなまつり特別体験】  
3月3日(日)、31日(日):おひな菓子づくり体験
3月23日(土)〜4月3日(水):へんしん!かわいいおひなさま
3月1日(金)〜4月3日(水):ひなまつり顔出し看板

「赤池コレクション名品撰」
日本屈指の雛人形・郷土玩具コレクターである赤池正明氏の所蔵品を展示。 東北では初公開、お雛様の歴史と広がりを学べます!

開催日時 2019年3月1日(金)~4月3日(日)
会場 公益財団法人 致道博物館
観覧料 一般700円 高大生380円 小中学生280円 団体(20名以上で団体割引有)
※4月1日より、一般800円 高大生400円 小中学生300円(20名以上で団体割引有)となります。
お問合せ 公益財団法人 致道博物館 tel:0235-22-1199

2019年度 国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示

rakutyurakugai

2019年4月20日(土)~5月19日(日)
  ◆常設展示室内「上杉文華館」で展示。
2019年10月26日(土)~11月24日(日)
会場 伝国の杜 上杉博物館
お問合せ 伝国の杜 TEL:0238-26-2666

※2019年度に、当館におきまして国宝「上杉本洛中洛外図屏風」の原本を展示いたしますのは上記期間のみです。それ以外の期間は複製を展示いたします。