「2022年6月」カテゴリーアーカイブ

関東管領上杉氏-観応の擾乱

2022bunkakan_banner常設展室内の「上杉文華館」では、国宝「上杉本洛中洛外図」(複製、今年度の原本展示はこちらをご覧ください)と国宝「上杉家文書」を常時展示しています。

国宝「上杉家文書」は、年間・月間テーマを定め、展示物を入れ替えながら展示しています。
2022年度のテーマは『関東管領上杉氏です。

期間テーマ「観応の擾乱」

コレクショントーク(展示解説)
7/3(日)
※今年度のコレクショントークは、10時と15時の2回体制でおこないます。

会 期 6/23(木)~7/26(火)
会 場 伝国の杜米沢市上杉博物館(上杉文華館)
お問合せ 伝国の杜米沢市上杉博物館 TEL:0238-26-2666

詳しくは公式サイトをご覧ください。

【更新】教育普及事業スケジュール

Hands&Heart
~手と心でかんじよう~

米沢市上杉博物館教育普及事業では、日本伝統の技の紹介や体験、「紙」「木」「糸・布」「土」を材料とする造形体験を準備しています。

体験学習室は感染予防対策をした上で運営しています。
当面の間、造形体験のみとし、伝承あそびや手わざの体験はお休みします。
体験学習室の定員は15名です。(2022年6月現在)

プレイショップ:造形体験
かんたん版画でアーツ&クラフツ new!
プレイショップで版画に初挑戦!暮らしを美しくする作品をつくります。

開催日時 2022年6月24日(金)~7月26日(火)9:00~17:00
会場 伝国の杜 1階 体験学習室

募集制ワークショップ
色とあそぼう!
自然の光と色をつかまえて、作品をつくります

開催日時 7月2日(土)10:00~11:30
参加費 500円
対 象 未就学児
定 員 10名
申込受付開始日 5/26(木)~

「夏のすり染め-植物のちからー」 new!
藍の刈り取り、手もみ染めで、植物の持つ美しい色を発見します。

開催日時 7月31日(日)13:30~15:30
参加費 500円
対 象 小学生以上
定 員 15名
申込受付開始日 6/23(木)~

自由参加制プログラム(申し込み・参加費不要)
植物でそめよう―和紙のテキスタイルデザイン-
①夏の植物 

開催日時 7月9日(土)13:00~15:30
参加費 無料
対 象 どなたでも
定 員 先着30名程度
場 所 体験学習室北側ピロティ(屋外)

お問い合わせはいずれも 伝国の杜 ℡:0238-26-8001

企画展 アーツ・アンド・クラフツとデザイン

arts&crafts banner

 ウィリアム・モリス(1834-96)は、産業革命により衰退した職人の手仕事と、ものづくりが生活と豊かに結び付いていた中世社会を理想とし、自然の草木をモチーフとしたデザインや詩作、環境や古建築の保護まで多彩な活動を行いました。モリスが先導し、その思想に共鳴するデザイナー、画家、建築家、陶芸家、職人たちが19世紀後半のイギリスで生み出したひとつの潮流は「アーツ・アンド・クラフツ運動」と呼ばれます。彼らが目指した手仕事の復興や、機能と美を兼ね備えた上質な美術工芸品とともに暮らす生活の芸術化の取り組みは世界各国に広まり、今日のライフスタイルにも大きな影響を及ぼしています。  
 本展覧会では、ウィリアム・モリスをはじめとするイギリスの作家を中心に、イギリスからアメリカへと渡り、独自の派生を遂げたアーツ・アンド・クラフツ運動を象徴するフランク・ロイド・ライトの作品までを展示しその多様性を展観します。壁紙、テキスタイル、家具、金工、宝飾品、ステンドグラスなどの暮らしを彩る多彩な作品をご覧ください。

詳細は公式サイトをご覧ください。

会 期 2022年6月25日(土)~7月31日(日)
休館日 7月27日(水)

料 金

<企画展のみ>
一般 :490円(390円)/高校・大学生: 340円(270円)/小・中学生:240円(190円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
※常設展と企画展セット券もございます。
会場・お問合せ 伝国の杜米沢市上杉博物館 TEL:0238-26-2666

 

酒井家庄内入部400 年記念 特別展【第2部】 中興の祖・酒井忠徳と 庄内藩校致道館

酒井家庄内入部400 年記念 特別展【第2部】 中興の祖・酒井忠徳と 庄内藩校致道館

中興の祖 酒井忠徳と庄内藩校 致道館

庄内藩主酒井家は、3 代酒井忠勝が元和 8 年(1622)に庄内へ入部して以来、 現在に至るまで一貫して“地元”に住み続けています(現当主は 18 代酒井忠久 (致道博物館館長))。

令和 4 年(2022)は庄内藩主酒井家が入部して 400 年。 節目を記念し、5 つの特別展を開催します。

本展は第2弾として、庄内藩中興の祖・9 代酒井忠徳(さかいただあり、1755- 1812)の生涯を辿ります。若くして当主となった忠徳の藩政改革、藩校致道館 の創設や教育内容を紹介。また、様々な事績と驚きのエピソードや、和歌・俳諧資料や交友から、文化人としての側面にも着目します。

開催日時 2022年6月1日(水)〜7月18日(月祝) 無休
会場 公益財団法人致道博物館
観覧料

一般800円/高大生400円/小中生300円

イベント

◆土曜講座
7月9日(土)14:00~16:00

「酒井忠徳と点取俳諧」
講師:平林香織氏(創価大学文学部教授)

◆学芸員によるギャラリートーク
1)6月11日(土) 14:00~「11才6ヶ月、藩主になる」
2)7月10日(日)11:00~
「49才4ヶ月、隠居の前に」

お問合せ 致道博物館 tel:0235-22-1199

西舘好子講演会

a1e669591d74d5e7c097e67a23588b0a

西舘好子さんは、劇団「こまつ座」の旗揚げなどかつての夫・井上ひさしさんを公私ともに支え、離婚後はエッセイスト、演劇プロデューサーとして数多くの作品を手がけました。現在は子守唄研究や、子どもの虐待防止、シングルマザーの支援などに取り組んでいます。
戦後の下町で過ごした少女時代のお話や、井上さんとの出会いと別れ、次世代へ伝えていきたいことなどについてお話しいただきます。

開催日時 2022年6月26日 14:00 〜
会場 東ソーアリーナ
入場料 [※年間シートエリアを除き全席自由] 3,000 円(前売り 2,500 円)
お問合せ 東ソーアリーナ&遅筆堂文庫
TEL:023-689-1166  FAX:023-689-1167

※詳しくは、東ソーアリーナ&遅筆堂文庫 イベント情報をご覧ください。