「展覧会」カテゴリーアーカイブ

新収蔵品展 庄内地方ゆかりの画家・書家

新収蔵品展

5年前から今年にかけてご寄贈いただいた美術資料の中から、庄内地方ゆかりの近代から現代にかけて活躍した画家・書家の作品を中心に出品いたします。

日本画の太田義一、根上富治、荒井 篁一郎、真嶋北光、洋画の石井弥一郎、書家の黒埼研堂、吉田苞竹、
松平穆堂などの作品を通じて、その時代を表現する特徴を感じていただければ幸いです。

開催日時 開催中~2020年2月11日(火祝)
※水曜休館
午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

会場 公益財団法人 致道博物館
観覧料 一般800円 高大生400円 小中生300円
(20名以上で団体割引有り)
お問合せ 公益財団法人 致道博物館 tel:0235-22-1199

「上杉家文書」にみる上杉鷹山ー大名として

常設展室内の「上杉文華館」では、国宝「上杉本洛中洛外図」(複製、または原本)と国宝「上杉家文書」を常時展示しています。

国宝「上杉家文書」は、年間・月間テーマを定め、展示物を毎月入れ替えながら展示しています。
2019年度のテーマは『米沢初入部250年記念 「上杉家文書」にみる上杉鷹山』です。

大名として

コレクショントーク(展示解説)
  A:2月2日(日)14時~
  B:3月1日(日)14時~
※コレクショントークのうち、Aは上杉家文書、Bは洛中洛外図屏風を中心に解説します。

会 期 2020年1月21日(火)~3月20日(金・祝)
料 金 一般:420円(330円)/高校・大学生:220円(170円)/小・中学生110円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
※上記は常設展・企画展セット料金です。
会 場 伝国の杜米沢市上杉博物館(上杉文華館)
お問合せ 伝国の杜米沢市上杉博物館 TEL:0238-26-2666

詳しくは公式サイトをご覧ください。

コレクション展「米沢藩 武士のお仕事」

武士のお仕事

 戦いがほとんど無くなり、平和が続いた江戸時代。米沢の武士たちは、どんな仕事をしていたのでしょう。
 一口に米沢藩士といっても、奉行(家老)から足軽以下まで階層があり、身分に応じて役目が決められていました。戦士としての軍事組織(番方)を基本としながらも、領内の統治や主君・上杉家に奉仕するため様々な役職(役方)に就きました。警備や消防、参勤交代の御供も戦に準じた武士の役割でした。
 また、医師・絵師・諸職人といった技芸を専門とする者も召し抱えられていました。中・下級藩士や陪臣の場合は、乏しい俸給を補うため内職も盛んでした。
 本展示では、実に多彩な米沢藩士の仕事を紹介し、時にサラリーマンにもたとえられる、江戸時代の武士の多様な生きざまを探ります。

チラシ(PDF)はこちら>>

■ギャラリートーク(担当学芸員による展示資料解説)

 1月11日(土)14:00~「展覧会のみどころ」
 2月   1日(土)14:00~「米沢藩士の調べ方」
 3月   7日(土)14:00~「米沢藩士の仕事百景」
  ※企画展示室にて、申し込み不要、要企画展入館料 

会 期 2020年1月11日(土)~3月22日(日)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

料 金

<企画展>
一般:210円(160円)/高校・大学生:110円(80円)/小・中学生:50円(40円)
<常設展と企画展セット券>
一般:420円(330円)/高校・大学生:220円(170円)/小・中学生:110円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
会場・お問合せ 伝国の杜米沢市上杉博物館 TEL:0238-26-2666

詳しくは公式サイトをご覧ください。