「展覧会」カテゴリーアーカイブ

コレクション展「米沢藩 武士たちの行列~上杉家の参勤交代~」

sankinkoutai
クリックするとPDFページが開きます。

 江戸時代は、交通網の発達により、さまざまな目的で結集した行列が日本各地を往来した時代でした。その代表的なものが大名行列です。各地の大名は一年おきに江戸と国元を往来し、江戸幕府に対して忠誠を誓う形がとられました(参勤交代)。この参勤交代は、江戸時代をとおして最も長く続いた大名支配政策の一つで、制度上ほとんど変化が見られないものでした。
 本展覧会では、江戸時代を中心に幅広いテーマで集積された上杉文書や、未公開の館蔵資料を交えながら、米沢藩上杉家の参勤交代の歴史についてご紹介します。

■展示構成 
  1、大名行列の旅路
  2、大名の家格と儀礼
  3、上杉家の大名行列
   ①江戸へ ②京へ ③行列の装い
  4、大名行列と藩財政
  
■ギャラリートーク(担当学芸員による展示解説)※事前申込制です。
 担当:池野 理(当館学芸員)
 12月12日(土) 9:00~ 「展覧会のみどころ」 ※開始時間にご注意ください。
 2021年1月17日(日)14:00~ 「大名行列の裏側」
 ※企画展示室にて、要コレクション展入館料  定員:20名  

会 期 2020年12月12日(土)~2021年1月24日(日)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月26日~2021年1月1日)

料 金

<企画展のみ>
一般:210円(160円)/高校・大学生:110円(80円)/小・中学生:50円(40円)
<企画展・常設展セット>
一般:420円(330円)/高校・大学生:220円(170円)/小・中学生:110円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
会場・お問合せ 伝国の杜米沢市上杉博物館 TEL:0238-26-2666

詳しくは公式サイトをご覧ください。

日本名刀展シリーズ「幕末の刀工 藤原清人」展

藤原清人(文政10年:1827~明治34年:1901)は湯温海生まれ、本名・斎藤小市郎。嘉永5年(1852)江戸に出て、「四谷正宗」と称された名工・源清麿に師事した。後に幕末期の庄内藩お抱えの刀工となり、朝廷に献刀し「豊前守」を任ぜられ活躍した。本展は幕末から明治初期の作刀をはじめ、師匠・清麿や子・清丸の作刀を含め約30振を出品予定。また、幕末期に隆盛を極めた「庄内金工」による打刀拵なども賛助出品する。

はじめての刀剣講座 ~鑑賞からお手入れ方法まで~
日時:11月22日(日)講師 矢口秀春氏(日本美術刀剣保存協会 庄内支部理事)

刀匠・上林恒平氏(山形県指定無形文化財保持者)による制作実演
日時:11月15日(日)・29日(日)

詳しくは、到道博物館ホームページをご覧ください。

開催日時 2020年10月31日(土)〜11月29日(日) 会期中無休
会場 到道博物館
入館料

一般550円/大学生400円/小中高生、特別支援学校生 無料

※上記は「文化芸術の秋キャンペーン」の特別料金となります。
キャンペーン内容が「支払金額合計500円につき250円値引き(最大2500円)」のため、入館人数によりお支払金額は変動します(通常料金 一般800円/高大生400円/小中生300円)

※GoToキャンペーンの地域クーポンとの併用も可能です

お問合せ 到道博物館 tel:0235-22-1199

オードリー・ヘプバーン 写真展

オードリー・ヘプバーン(1929-1993)は、1953年「ローマの休日」で銀幕の世界に舞い降り、アカデミー主演女優賞を獲得後、「麗しのサブリナ」、「ティファニーで朝食を」など数々の映画に出演しました。
また、映画での活躍だけではなく、同時代のファッションアイコンとして名を馳せました。

本展覧会では一流のハリウッドフォトグラファーによる写真約150点を紹介します。

開催日時 2020年11月28日(土)~2021年1月22日(金)
午前9時~午後5時(最終入館は午後4時30分)
会場 酒田市美術館
観覧料 一般:1,000円、高校生:500円、中学生以下:無料
お問合せ 酒田市美術館
TEL:0234-31-0095/FAX:0234-31-0094

※ 詳細は、酒田市美術館 特別展をご覧下さい。

特別展 彫刻と版画展-舟越保武と佐藤忠良を中心に-

2019年に寄贈して頂いた日本近代美術のコレクションを紹介する展覧会の第ニ部。戦後の彫刻界を代表する作家である舟越保武と佐藤忠良の彫刻と版画を中心に展示。併せて、山形出身の孤高の画家・布施哲太郎と、妻で画家の布施魔子の作品も紹介します。

開催日時 2020年11月13日(金)~2020年12月21日(月)
会場 本間美術館
入館料 一般:1,000円
高・大学生:450円
小・中学生:無料
お問合せ 本間美術館
TEL:0234-24-4311/FAX:0234-24-4312

※ 詳細は、本間美術館 展示スケジュール をご覧下さい。

絵画と書でみる墨の世界

色を用いず墨のみで表された作品には、品格と優美さが感じられます。狩野派や町絵師、文人や禅僧による水墨画と墨蹟(書)を紹介します。

開催日時 2020年10月2日(金)~2020年11月10日(火)
10月:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
11月:午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
会場 本間美術館
入館料 一般:500円(キャンペーン実施期間のため半額)
大学生:450円
高校生以下:無料
主催 公益財団法人 本間美術館
共催 山形県・(公財)山形県生涯学習文化財団
後援 酒田市・酒田市教育委員会
お問合せ 本間美術館
TEL:0234-24-4311/FAX:0234-24-4312

※ 詳細は、本間美術館 展示スケジュール をご覧下さい。