「イベント」カテゴリーアーカイブ

映画上映&トーク 梅切らぬバカ 和島香太郎監督作品

梅切らぬバカ
クリックすると拡大します。

大きな梅の木に見守られ、母と息子は今日も生きる。ゆっくりと、丁寧に。 人と人とがつながり、共に生きることの歓びを描く。

都会の古民家で寄り添って暮らす母と息子。ささやかな毎日を送っていたが、息子が50回目の誕生日を迎えた時に母はふと気づく。「このまま共倒れになっちゃうのかね?」
母親と自閉症を抱える息子が、社会の中で生きていく様を温かく誠実に描く本作。包容力あふれる母親を演じるのは、54年ぶりに主演を務める加賀まりこ。軽口を叩きながらも、小柄な身体で大きな息子の世話をする姿はとてもチャーミング。だからこそ、やがて訪れる“息子が1人で生きる未来”を案ずる横顔が、より一層切ない。息子役にはNHK連続テレビ小説「おちょやん」など俳優としても活躍中の塚地武雅(ドランクドラゴン)。地域コミュニティとの不和や偏見といった問題を取り入れながらも、親子の絆と深い愛を描き、あたたかな感動をもたらす。(オフィシャルホームページより)

キャスト・スタッフ
加賀まりこ 塚地武雅 / 渡辺いっけい 森口瑤子 斎藤汰鷹 / 林家正蔵 高島礼子
監督・脚本:和島香太郎

開催日時 2022年10月23日(日)
①午前の部10:00〜11:45(開場9:00) ②午後の部14:00〜15:45(開場13:00)
※上映時間77分
会場 川西町フレンドリープラザ
入場料 一般1,200円、ペア2,000円、高校生以下500円
お問合せ  川西町フレンドリープラザ ℡:0238-46-3311

詳細は公式サイトをご覧ください。

地と知と遅(chitochitochi) 今だから知りたいロシア文学

《超入門編》全3回
chi to chi to chi
クリックすると拡大します。

地域おこし協力隊×本とコーヒーのおいしいプロジェクト
第三回 ロシア文学と井上ひさし

海外文学をあまり読んでこなかったわたしたちプロジェクトメンバーが、以前ロシア語の書籍輸入会社に勤め現在遅筆堂文庫研究員の井上恒さんに、ロシア文学を紹介してもらおうと企画しました。ロシア文学ってハードルが高い? 日本の小説や文化とどう違うの? 雑談を交えながら、今だからこそいっしょにロシア文学を読んでみませんか。

※事前申し込みをお願いします。
※1回のみの参加でもOKです。

開催日時 2022年10月1日(土)14:00〜15:00
会場 川西町フレンドリープラザ(ギャラリー)
定員 20名
料金 500円(1ドリンク&お菓子付)
お問合せ 川西町フレンドリープラザ ℡:0238-46-3311

公式サイトをご覧ください。

佐々木隆二写真展 狸沢ものがたり

mujinazawa
PDFが開きます

 

ある村に、戦争で出征した息子の還りを50年も待ち続けた夫婦がいました。
これは、戦後77年のメッセージです。

<佐々木隆二プロフィール>
1940年、宮城県気仙沼生まれ。1969年二科展に初出品。後に二科展会員、審査員もつとめ、秋山庄太郎らと交流。東北と宮沢賢治にこだわって撮影活動を続け、各地で写真展を開催、「仙台文学館ニュース」などの写真を担当。またイベントの撮影をボランティアで行うほか、親交のあった劇作家の故・井上ひさし氏の写真を撮り続けた。宮城県教育文化功労賞、地域文化功労賞文部科学大臣表彰受賞。著書に『宮城庶民伝』(共著/NHK出版)など。



【関連イベント】
図書館トーク(56) 写真家 佐々木隆二』を開催します。

開催日時  〜2022年9月30日(金) 10:00~19:00 
会場 東ソーアリーナ ロビー
入場料 無料
お問合せ 東ソーアリーナ&遅筆堂文庫
TEL:023-689-1166  FAX:023-689-1167

東ソーアリーナ&遅筆堂文庫については公式サイトをご覧ください。

10/8(土)「文翔館の日」開催のお知らせ

2022bunsyoukanday

今年も年に一度のイベント、「文翔館の日」を開催いたします!
1日楽しめるイベントが盛り沢山!
詳細は公式サイトをご覧ください。

開催日 2022年10月8日(土)
注意事項 新型コロナウイルス感染症の影響により開催に変更や中止が生じた場合は、文翔館HPに掲載いたします。
最新情報をご確認のうえ、ご来場ください。また、マスク着用のうえご来館ください。
お問合せ 文翔館
Tel.023(635)5500 Fax.023(635)5501

※詳しくは、文翔館 公式サイトをご覧ください。

ズブシロ・チャレンジ・プロジェクト スティールパンをたたいてみよう!

参加者募集

スティールパン2022

スティールパンはカリブ海の南端に浮かぶ島トリニダード・トバゴ共和国で誕生した楽器です。ドラム缶から生まれたアコースティック楽器、南国をイメージさせる透明で繊細な独特な音色を味わってみませんか。親子での参加、大歓迎です!

指導 太田 真由美:
山形市出身。10歳から打楽器を、20歳からスティールパンを始める。
2008年、武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科打楽器専攻卒業。
2010年トリニダード・トバゴにて行われるスティールパンのコンテスト「PANORAMA」に現地のバンド『Silver Stars』のメンバーとして出場し優勝。

開催日時 2022年9月4日(日)・11月23日(水)《全2回》
14:00〜15:30
会場 川西町フレンドリープラザ
料金 受講料:500円
定員 10名
※小学生から大人までの初心者(親子で参加も大歓迎)
※1回のみの参加もOK
お問合せ 川西町フレンドリープラザ ℡:0238-46-3311

公式サイトをご覧ください。