カテゴリー別アーカイブ: 置賜地区

おきたまの秋空に響け! 吹奏楽の日コンサート2017

吹奏楽 国民文化祭を機にスタートした吹奏楽の祭典。出演団体は置賜各地から大小さまざまな団体が集います。ホールでの内奏(うちそう)は、ときに息遣いも客席に届くほどの緊張感ある雰囲気が醍醐味。ピロティでの庭奏(にわそう)は、秋空に向かって高らかに歌い上げる吹奏楽のサウンドを、演奏者とお客様が一緒にたのしむ雰囲気が生まれます。

開催日時 2017年10月7日(土) 10:00開演予定
会場 伝国の杜 置賜文化ホール(内奏)、屋外ピロティ(庭奏)
主催者 (公財)米沢上杉文化振興財団/米沢市教育委員会/置賜地区吹奏楽連盟/置賜文化フォーラム
お問合せ 伝国の杜 置賜文化ホール TEL0238-26-2666

※詳しくは、置賜文化ホール 自主事業スケジュールをご覧ください。

平成29年度山形県能楽の祭典

能楽2017
クリックするとPDFが開きます。

 国民文化祭の開催を機にスタートした「能楽の祭典」は、山形県内各地から観世流、宝生流、喜多流、金剛流の能楽愛好団体が集い発表することで、研さんと交流を深めています。また、地元米沢を拠点に活動する「伝国の杜こども狂言クラブ」も、和泉流狂言、小舞を披露する予定です。
 今回は、会場内に能楽器体験コーナーを設けます。見る、聞くだけでなく、触る事でも日本の伝統文化、能楽の奥深さを体験できます。

開催日時 2017年9月10日(日) 9:00開場/9:30開演/16:30終演予定
会場 伝国の杜 置賜文化ホール「能舞台」
主催者 山形県能楽協会/(公財)米沢上杉文化振興財団
お問合せ 伝国の杜 置賜文化ホール TEL0238-26-2666

※詳しくは、置賜文化ホール 自主事業スケジュールをご覧ください。

レ・タンブル&ハルモニア・レニス~イタリアとスペインのバロック音楽~

バロック001
PDFが開きます。

 ブルージュ国際古楽コンクールに優勝しフランスを中心に活動するレ・タンブル(川久保洋子、ミリアム・リニョル、ジュリアン・ヴォルフス)と、日本を拠点に活動するハルモニア・レニス(水内謙一、村上暁美)。2つのアンサンブルのコラボレーションによる、日本とヨーロッパの歴史を体感できる日本ツアーの米沢公演。

  戦国時代に宣教師たちが伝え、織田信長や豊臣秀吉らも聴いたと言われるヨーロッパの音楽。まさに戦国~江戸時代初期に書かれた情熱溢れるイタリアとスペインの音楽を、伊達氏と上杉氏ゆかりの城下町、米沢の地で演奏いたします!米沢出身の支倉常長がスペインとイタリアを訪れたときにヨーロッパで演奏された楽曲も米沢でのみ演奏予定です。
 学校の音楽の時間に触れていたリコーダーは、バロック音楽全盛期に演奏で盛んに使用されていた楽器です。コンサートでは、学校で知っているリコーダーのイメージを覆す技巧的な曲も演奏します。
 他にもチェンバロやヴィオラ・ダ・ガンバなど、現在では演奏される機会の少なくなった古楽器たちも登場。コンサート終了後はステージ上にて、演奏家による楽器紹介やデモンストレーションを行います。古楽器の魅力を存分に楽しんでいただけます。

■予定プログラム■
ファルコニエーリ:ラ・スアーヴェ・メロディア(甘美なる旋律)
ファルコニエーリ:エロイカ(英雄)&チャッコーナ
ファルコニエーリ:フォリアス
カステッロ:ソナタ第5番(ソナタ集第1巻より)
カステッロ:ソナタ第12番(ソナタ集第2巻より) ほか

開催日時 2017年11月3日(金・祝) 14:30 開場 / 15:00 開演
会場 伝国の杜 置賜文化ホール
入場料 全席自由 一般:1,500円 学生:500円
伝国の杜ファンクラブ会員は各1割引
チケット発売 一般発売 8月3日(木)9:00から
伝国の杜ファンクラブ先行予約(電話のみ) 7月26日(水)~30日(日)
プレイガイド 伝国の杜・大沼米沢店・米沢楽器店・音楽アズム舘米沢店・チケ探(http://ticketan.net)
無料招待 「上杉敏子基金」親子10組ご招待のお知らせ
この基金は、第16代上杉家当主隆憲氏夫人の敏子氏が生前描いた絵画作品のポストカードの売上の一部を活用し、置賜地域のこどもたちの芸術文化教育に役立てているものです。米沢市上杉博物館ミュージアムショップにて油彩画セット、パステル画セットを販売中。
対象:置賜の小中高生と保護者のペア10組とします。
応募方法:はがきに、住所・お二人の氏名・電話番号・お子様の学校・学年を記入の上、下記まで。
宛先:〒992-0052 米沢市丸の内1-2-1伝国の杜内「イタリアとスペインのバロック音楽」チケットプレゼント係
応募締切:9月20日(水)当日消印有効
抽選結果通知:締切後10日以内に応募者全員に通知
その他 未就学児入場不可
 ※託児サービスあります 料金:1,000円  申込〆切:10月26日(木)まで
主催者 米沢市教育委員会/(公財)米沢上杉文化振興財団
お問合せ 伝国の杜 置賜文化ホール TEL0238-26-2666

※詳しくは、置賜文化ホール 自主事業スケジュールをご覧ください。

ドールハウスへの招待Ⅱ

~見て学ぶ 世界のドールハウス~
                                                 大草原のローラ生誕150年記念

 ドールハウスは、実際の建築物、家具や室内装飾、食器までをそのまま精巧に縮小 した小さな芸術品です。16世紀のドイツの貴族の教育玩具として生まれ、社会と家庭生 活の変化とともに変貌してきました。玩具であり、高級な美術工芸品でもあるドールハウスは、老若男女が楽しめるアートとして、世界中で親しまれています。
 本展では、国内外から集められた貴重なアンティークドールハウスを中心に紹介し、また、1975年から放映された海外ドラマ「大草原の小さな家」の原作者ローラ・インガルス・ワイルダーの生誕150年を記念し、ローラの生家を12分の1に復元したドールハウスや、ローラが通った小学校、雑貨店と同じ年代・地域で制作されたドールハウスにより、アメリカ西部開拓時代に生きた家族の物語に迫ります

ドールハウス
クリックすると、PDFが開きます。

■オープニングギャラリートーク
「ドールハウスへの招待」
・箱根ドールハウス美術館
 館長 新美康明氏
・7月29日(土) 14:00~
企画展示室(要展覧会チケット)

■翻訳家 谷口由美子氏
「パイオニアガール」出版記念講演会

・9月2日(土)14:00~
・2階大会議室
   聴講無料/先着110名
申し込みは不要です。
 「大草原の小さな家」シリーズをはじめ、「赤毛のアン」、「若草物語」、「サウンド・オブ・ミュージック」など、多くの英米児童文学の翻訳をされている谷口由美子さんにローラの回想録であり、「小さな家」シリーズのもととなった『大草原のローラの物語:Pioneer Girl』にまつわるエピソードをお話しいただきます。

開催日時 2017年7月29日(土)~9月18日(月・祝)
休館日 8月23日(水)
会場 伝国の杜 米沢市上杉博物館
入場料 一般:410(320)円/高校・大学生:300(240)円/小・中学生:200(160)円
*( )内は20名以上の団体料金
お問合せ 伝国の杜 米沢市上杉博物館 TEL: 0238-26-8001

※詳しくは、米沢市上杉博物館 ホームページをご覧ください。

吉良上野介から見た「忠臣蔵」 企画展【『イヌの仇討』著作資料展】

遅筆堂文庫にて、企画展【『イヌの仇討』著作資料展】が始まりました。 8月4日(金) に行われるこまつ座の公演に合わせた展示です。 井上ひさしさんの「忠臣蔵」への思いや関連資料の紹介、また川西町の古文書から突き止めた「なぜ上杉領内で『忠臣蔵』は上演禁止だったのか」など、これを観れば『イヌの仇討』をより楽しめること間違いなし。 企画展は9月2日(土)まで開催しております。是非一度お越しくださいませ。

※詳しくは、川西町フレンドリープラザ イベント情報をご覧ください。