「舞台」カテゴリーアーカイブ

こまつ座公演「イーハトーボの劇列車」予約受付中!

イーハトーボ
クリックすると拡大します。

 

 井上ひさしによる宮沢賢治の評伝劇が、新演出でよみがえります。演出は「十一ぴきのネコ」に続き井上戯曲二作目となる長塚圭史。宮沢賢治役に、見る者の心をざわつかせずにはいない唯一無二の俳優・松田龍平が決定。今回が初主演舞台です。
 共演者はまもなく発表の予定です。

 

フレンドリープラザでは、ただいまチケット予約をTEL、FAX、E-mailで承っております。座席は申込み順に指定させていただきますのでご了解願います。

開催日時 2019年3月2日(土) 13:30開演
会場 川西町フレンドリープラザ
チケット  一般  5,500円/Plas会員 5,000円/青少年席(U24)2,000円(当日500円増)
申し込み
お問合せ
川西町フレンドリープラザ
TEL:0238-46-3311 FAX:0238-46-3313

※詳しくは、川西町フレンドリープラザ イベント情報をご覧ください。

SENDAI座☆プロジェクト「十二人の怒れる男」プラザ公演

12人の怒れる男■ストーリー■
ニューヨークの裁判所。そこに集められた12人の陪審員が審議するのは、父親を刺殺したとして第1級殺人罪に問われているスラム街の18歳の少年。疑うべきところはないように思えたこの事件に、11人の陪審員は有罪投票。しかしただ1人、建築家の陪審員8が異議を唱えます。有罪となれば死刑となってしまう少年のために、陪審員8番はもっと考えたいと他の陪審員に訴えます。残りの陪審員も、彼の理路整然とした語りによって心が揺らいでいきます。

12angrymen
クリックすると拡大します

『十二人の怒れる男』(12 Angry Men)は、1954年製作のアメリカのテレビドラマ。これまでリメイク版として映画化された作品が数本あり、1957年にヘンリー・フォンダが主演した作品が有名です。舞台劇としては、今なお裁判劇また密室劇の最高峰として世界中で上演されています。
仙台、東京も満席でした。いよいよプラザの舞台で2ステージです!
 チケットの電話予約を受付けております。

開催日時 ①10月13日(土)18:00開演
②10月14日(日)14:00開演
会場 川西町フレンドリープラザ
入場料 3,500円 P会員3,000円 U24 2,000円
電話予約受付中です。当日精算でお取り置きできます。
お問合せ 川西町フレンドリープラザ 電話0238(46)3311

詳しくは公式ホームページをご覧ください。

金剛流能公演 能「鞍馬天狗 白頭」 狂言「咲華」

金剛流
PDFが開きます(表裏)

 2014年以来4年ぶりとなる米沢での能公演を本格的な能舞台でご覧になりませんか。
 「義経記」を典拠とし、幼い牛若丸と山伏の心のふれあいが描かれる人気の能『鞍馬天狗(くらまてんぐ)』を上演します。金剛流若宗家の金剛龍謹が主役を務め、稚児役として地元の子供たちも出演予定。白頭という特殊演出も必見です。
 狂言『咲華(さっか)』に登場する野村萬(人間国宝)は、人を取り違えて失敗する太郎冠者を演じ、主人とのドタバタぶりが笑いを誘います。
 置賜文化ホールの特長ともいえる能舞台で観る注目の公演です!
ー 出演 ー
金剛流シテ方 金剛龍謹
和泉流狂言方 野村萬(人間国宝) 他

 

「上杉敏子基金」親子10組ご招待のお知らせ
 この基金は、第16代上杉家当主隆憲氏夫人の敏子氏が生前描いた絵画作品のポストカードの売上の一部を活用し、置賜地域のこどもたちの芸術文化教育に役立てているものです。
 ◆対象:置賜の小中高生と保護者のペア10組
 ◆応募方法:はがきに、住所・お二人の氏名・電話番号・お子様の学校・学年を記入の上、下記まで。10月14日締切。
 ◆宛先:〒9920052米沢市丸の内1-2-1伝国の杜「金剛能」チケットプレゼント係
応募多数の場合は抽選後、10日以内に結果をお知らせします。

開催日時 2018年11月10日(土) 14:00 開演
会場  伝国の杜 置賜文化ホール「能舞台」
入場料 指定A席:4,000円 指定B席:3,000円 自由席:2,500円
指定席・自由席とも5歳から大学生までに限り学生料金:2,000円
チケット取扱い 伝国の杜にて発売中
パソコン・スマートフォンからも購入できます。
tiketan
↑こちらをクリックするとチケット販売ページに移動します。
お問合せ  伝国の杜 0238-26-2666

詳しくは公式サイトをご覧ください。

中村敦夫朗読劇「線量計が鳴る~元・原発技術者のモノローグ」

中村敦夫朗読劇「線量計が鳴る~元・原発技術者のモノローグ」【共催】原発事故避難者を支援する会

 自らの足で取材をし、3年がかりで脚本を書き、たった一人で舞台に立ち、語る。原発の問題に真正面から向き合ったこの作品は、政治家、ジャーナリスト、作家としても活躍してきた俳優・中村敦夫さんの「表現者としての集大成」であり、ライフワークでもあります。
 背景のスクリーンにデータや専門用語が映し出され、基本を知ったうえで原発を考えることができると高い評価を得ています。全国各地で話題沸騰、大盛況となっている公演です。ぜひご来場ください。

開催日時 平成30年10月20日(土) 14:00開演
会場 シベールアリーナ
入場料 [全席自由] 2,000 円(前売り 1,500 円)
※高校生以下 無料
※チケットは原発事故避難者を支援する会(℡023-641-5515)でも取り扱っております。
チケット発売日 平成30年7月7日~
関連サイト http://www.monjiro.org/
お問合せ シベールアリーナ&遅筆堂文庫
TEL:023-689-1166  FAX:023-689-1167

※チケット予約のお申し込みは電話・FAX・メールで随時承っております。
※詳しくは、シベールアリーナ&遅筆堂文庫 イベント情報をご覧ください。

山辺どんぶり亭 三遊亭兼好独演会

山辺どんぶり亭 三遊亭兼好独演会
主催:やまのべ落語愛好会
後援:山辺町教育委員会

“人気絶頂!実力派落語家が贈る、夢のひととき”

福島県生まれ。
サラリーマンなどを経て、妻子がありながら28歳で三遊亭好楽師匠に弟子入り。
軽快な語り口と明るく元気いっぱいな高座で今や5代目圓楽一門会きっての人気を誇る男…。
彼こそが、三遊亭兼好である。

開催日時 平成30年10月17日(水) 18:30開演
会場 シベールアリーナ
入場料 [全席自由] 3,500 円(前売り 3,000 円)
備考 ・前売券完売の場合、当日券はありません。
・未就学児童入場不可
お問合せ やまのべ落語愛好会
TEL:090-1378-2761

※チケット予約のお申し込みは電話・FAX・メールで随時承っております。
※詳しくは、シベールアリーナ&遅筆堂文庫 イベント情報をご覧ください。