タグ別アーカイブ: 日本画

郷土ゆかりの企画展覧会 庄内の美術家たち13 秋野松堂

秋野松堂は明治13(1880)年、西田川郡大山町安良町(現、鶴岡市大山)に生れました。

本名を光廣といい、国学者秋野庸彦の次男として生を受けました。大山小学校を経て、荘内中学校(現、鶴岡南高等学校)へと進んだ秋野松堂は、日本画家の武藤鶴城に画技を習ったといわれています。

明治32(1899)年、中学校を卒業した秋野松堂は早稲田大学文学科へ進学し、上京します。
中央では南画家の奥原晴湖とその養女である晴翠に師事し、画業に励みました。

大学を卒業した明治40(1907)年に大山へと帰郷し、大正3(1914)年、家督を継いだ秋野松堂は郷里の発展のためにさまざまな社会事業に尽力しました。

家業の一方書画も精力的に続け、山水のほか花鳥にも優れ、写生に通じた富士図など多彩な作品を遺しました。

本展では、高い画技を身につけながらも、中央に出品することなく郷土のために生きた、この孤高の画家の作品約50点を展覧します。

開催日時 2018年2月3日(土) ~ 3月4日(日) 9:30~17:30 
※入場は17:00まで 月曜休館(※ただし、2月12日(月・祝)は開館し、翌13日(火)は休館。)
会場 鶴岡アートフォーラム
観覧料 一般200(160)円/高大生100(80)円/中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
ギャラリートーク 鶴岡アートフォーラム学芸員による作品解説を行います。
日時: 2月10日(土)、2月24日(土) 各回14:00~15:00
参加料:無料 ※ただし、入場には観覧券が必要です。
申込み:不要 ※ギャラリーへ直接お越しください。
お問合せ 鶴岡アートフォーラム tel:0235-29-0260