「書画」タグアーカイブ

庄内の美術家たち14 黒崎研堂 松平穆堂 土屋竹雨 ~書画の嗜み~

明治に生まれ大正から第2次世界大戦後にいたる激動の時代に、伝統的な書画を心得とした松平穆堂と土屋竹雨、そして明治以降の庄内における書道の礎を築いた先人、黒崎研堂を取り上げ、詩書画を書いた屏風や掛軸を約60点展覧いたします。

郷土の芸術文化史を見直し、庄内にゆかりの作家を取り上げて紹介する展覧会です。

開催日時 2019(平成31)年2月2日(土) ~ 3月3日(日) 9:00~17:30 (入場は17:00まで)
月曜日休館 ※ただし、2月11日(月・祝)は開館し、翌12日(火)は休館。

会場 鶴岡アートフォーラム
観覧料 一般200(160)円/高大生100(80)円/中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
お問合せ 鶴岡アートフォーラム tel:0235-29-0260