e-yamagataトップページに戻る やまがたの暮らしまるごと応援サイト 「い〜山形どっとこむ」
|インフォメーション |サイト利用規程 | 街並み画像
e-yamagata e-住まいづくり ライフスタイル コミュニティ サイトマップ メルマガ登録 メンバー募集 初めての方へ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
名産の牛肉を惜しみなく使った郷土料理
気の知れた仲間たちとにぎやかに囲むのが、山形流の楽しみ方


山形牛 500g  里芋 1s
こんにゃく1.5枚 ねぎ 1本
酒 砂糖 醤油 うどん(お好みで)


1.里芋は皮をむいて、あらかじめ灰汁抜きをしておく
2.こんにゃくを手でちぎって、軽く湯通しする
3.鍋に、水・砂糖・醤油を注ぎ、火の通りにくいこんにゃくや芋から煮る
4.灰汁が出てくるので、適宜すくって、醤油や酒で味を調える
5.里芋が6割程度煮えたら、いよいよ牛肉の登場!豪快に煮込みます!
6.10分程度煮込んだら、ネギを乗せる

*残った汁で雑炊やうどんをかき込むと、完璧。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冬の日本海の贈り物
庄内の自然が育んだ新鮮な魚介類をまるごといただきます


タラ1匹 (アブラワタ・しらこ含む)  豆腐 1丁
ねぎ 酒粕 味噌 岩のり(お好みで)


1.鍋に湯を沸かして
  アブラワタ(肝臓)を入れて灰汁を取り除く
2.どんがら(庄内ではタラのことを‘どんがら’と呼びます)を入れ、
  また更に灰汁を取り除く
3.味噌を溶かし入れ、ここで酒粕を入れると風味が増します。
4.食べやすい大きさに切った豆腐と長ねぎを入れる
  ねぎを入れることで、生臭くなくなります。
5.最後にしらこを入れて少し煮立てて、岩のりをトッピングして
  出来上がり♪

*しらこはドロドロになっちゃうので、最後に入れます♪
 オスの方が♀より高価です。


e-yamagataトップページに戻る